日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 森田剛の演技が泣ける『ハロネズ』

森田剛の演技が泣ける! 感動ストーリーで真価を発揮!『ハロー張りネズミ』第8話

 後日、栗田の葬儀には朋美だけでなく伸一(山中崇)の姿も。木暮のお陰で親子は絆を取り戻したのです。しかし、肝心の木暮の姿はそこにはありません。栗田が昔、親子4人で遊びに行った思い出の地である伊豆の海岸に向かっていたのです。そこで木暮は、黄色いハンカチをたくさん掲げた柱を立て、「おっさん見えるか!」と海に向かって叫んだところで今回は終了となりました。

 さて、今回は主人公・五郎はひと休みして、グレさんこと木暮がメインで活躍する回となりました。原作コミックでは五郎が調査を担当するだけに、瑛太のスケジュールの都合だったのか、あるいはこれまで脇役に甘んじていた森田にスポットライトを当てるためだったのかは定かではありませんが、なんにせよ森田は栗田役の國村と共に抜群の演技力を見せてくれました。

 正直、今回のドラマに森田は必要なのかとずっと疑問に思っていました。初回こそ出番が多く、原作とは違う瑛太とのバディものになるのかと期待したのですが、第2話以降は瑛太に横からチャチャを入れるだけの役に成り下がった印象がありました。意味もなくハイテンションになったり、つまらないギャグを連発することもあったため、存在が邪魔だとすら思ったこともあります。

 しかし今回は、栗田が殺人で服役していた事実を知ったあたりから一変。これまでとはまるで違うシリアスモードになり、グッと引き込まれてしまいました。展開的にはありがちなストーリーでしたし、栗田の病状が悪化するのが唐突すぎるとか細かいツッコミどころはありましたが、そこは役者陣の演技力がカバー。森田、國村はもちろんのこと朋美役を演じた松本も、何十年ぶりに父親のチャーハンを食べた際の心情をうまく表現し、涙を誘っていました。

 今回、人情モノで感動させてくれましたが、次回は『あかつか探偵事務所』のメンバーがヒーローショーへの出演依頼を受けるとのことで、予告動画を見る限りでは駄作の予感が……。しかし、第4話と5話で名演技を見せてくれた霊媒師・河合節子役の蒼井優が再登場ということで、その点では見逃せない回となりそうです。
(文=大羽鴨乃)

最終更新:2017/09/08 17:00
12
こんな記事も読まれています

森田剛の演技が泣ける! 感動ストーリーで真価を発揮!『ハロー張りネズミ』第8話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

義理と人情に厚い探偵役を瑛太が演じるドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系)の第8話が1日...
写真