日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 元ヤクルト・岩村“女グセ”悪化の裏

不倫・隠し子報道の元ヤクルト・岩村明憲“女グセ”悪化は「あのMLB選手」の影響だった!?

不倫・隠し子報道の元ヤクルト・岩村明憲女グセ悪化は「あのMLB選手」の影響だった!?の画像1福島ホープス公式サイトより

 元ヤクルトでBCリーグ・福島ホープスの監督兼内野手である岩村明憲が、9月10日のホーム最終戦(ヨーク開成山スタジアム)で引退試合を行う。メジャーでも活躍した長いキャリアのフィナーレだが、そんなときに週刊誌で愛人&隠し子が報じられている。

「彼は楽天に入り日本球界に復帰、そのシーズン開幕前に東日本大震災を経験しています。その被災地への思いもあって2015年から福島で活動してきたんですけど、本心では妻に隠れて女遊びできるメリットのほうが大きかったのかも。選手としては一流だっただけに、本当に残念ですね」

 岩村をインタビューしたこともある野球記者も、こうして肩を落とす今回のスキャンダル。それを報じた「フライデー」(講談社)によると、相手女性は元キャバクラ嬢で、岩村が客として楽天時代に知り合ったと伝えられる。

 その女性との間に、保育園に通う小さな子どももいるといい、岩村は月20万円の養育費を支払っていたが、最近は支払いが滞りがちだという。

 岩村は1996年にドラフト2位でヤクルト入団後、2007年に米・デビルレイズ(現レイズ)に移籍した。11年から楽天、13年から古巣ヤクルトに復帰、15年から福島でプレー。妻は現役モデルの岩村美咲だ。

 メジャー時代の岩村を知る前出の記者によると、「彼がキャバクラ好きだったのは確かで、女遊びは知られていましたが、女性関係が乱れたのは、まさにメジャー時代にあるんじゃないかと思う」と話している。

「所属のレイズがまだ、デビルレイズの名前だった07年ごろ。最下位だったチームの浮上に貢献したのは、岩村が狙い球を絞って打つスタイルを率先したからです。当然チーム一の功労者だったんですが、当時メディアを騒がせていたのは彼の活躍よりも、当時22歳だった大物新人イライジャ・デュークスだったんです。こちらはケタ外れの才能を持っていましたが、とにかく素行の悪さが有名。監督やコーチにつかみかかり、チームメイトを殴り、大麻を吸い、出場停止や逮捕はしょっちゅうでした。ギャングの仲間と襲撃事件まで起こしています。DVが原因で別居中だった妻の勤務先まで押しかけて『殺すぞ』と脅したりしたんですが、一方でこの男は無類のナンパ師で、その口説きテクニックはチーム内でも教えを乞う選手が続出するほどだったんです」(同)


12
こんな記事も読まれています

不倫・隠し子報道の元ヤクルト・岩村明憲“女グセ”悪化は「あのMLB選手」の影響だった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

元ヤクルトでBCリーグ・福島ホープスの監督兼内野手である岩村明憲が、9月10日のホーム最...
写真