日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安室奈美恵の引退に新事実?

安室奈美恵の引退に新事実!? 天才プロモーター男性との“近すぎる関係”

安室奈美恵の引退に新事実!? 天才プロモーター男性との近すぎる関係の画像1

 歌手・安室奈美恵の引退発表に関し、スポーツ紙やワイドショーがこぞって美談のように報じる中、芸能関係者からは「到底、美談ではない」という声が漏れ伝わってくる。

「安室の引退理由は『本人しかわからない』という前提で、御用メディアは薄っぺらい情報を伝え、内容もバラバラ。一方で、一部週刊誌記者などは、なんとか尻尾を掴もうと必死で取材を続けている。その結果、安室は27日、公式サイトで『マスコミの皆様どうかお願いです、家族、スタッフに対する過度な取材を止めていただけないでしょうか…』と呼びかける異例のコメントを発表しました」(芸能記者)

 そんな中、28日発売の「週刊新潮」(新潮社)は、ある男性との“近しい関係”について報じている。

 安室はデビュー当時から所属していた大手芸能プロ・ライジングプロダクションを2015年に独立。退社までのゴタゴタは当サイトでも報じた通りだが、そこで手を差し伸べたのが“天才プロモーター”と呼ばれるA氏。

 現在、安室が所属する個人事務所の名前は「stella88」だが、「新潮」によれば、A氏は「8」という数字が好きで、車のナンバーが「88」のほか、会社が所在するビルの階数も8階なのだという。

 また、A氏が妻子と共に暮らす高級マンションの別の部屋には、安室の自宅が存在。さらに昨年、京都に高級マンションを購入したことが報じられた安室だが、今年に入り、A氏も会社名義でマンションを購入。両マンションは、徒歩6分で行き来できるという。

「引退後の安室が、A氏と京都でなんかしらの芸能ビジネスを始めるのであれば、ファンも大喜びでしょう。しかし、もしそうでなかったら……。なんにせよ、安室は取材を控えるよう促していますし、これ以上踏み込むのはタブーと言えそう」(同)

 御用メディアが「これぞ引き際の美学」「完ぺき主義ゆえ」などと報じている安室の引退。しかし、新事実が浮上する可能性も十分ありえそうだ。

最終更新:2017/09/28 23:00
こんな記事も読まれています

安室奈美恵の引退に新事実!? 天才プロモーター男性との“近すぎる関係”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

歌手・安室奈美恵の引退発表に関し、スポーツ紙やワイドショーがこぞって美談のように報じる中...
写真