日刊サイゾー トップ > 芸能  > 清水良太郎容疑者、態度が悪すぎ?

「○○とヤッた」“電マオナニー男”清水良太郎容疑者、取り調べの態度が悪すぎて……

「ダメ女」(テイチクエンタテインメント)

  覚せい剤取締法違反(使用) 容疑で逮捕された清水良太郎容疑者の無反省ぶりに、 当局もあ然としているという。

 同容疑者は言わずと知れた“ものまね王”清水アキラの三男。 今月中旬、東京・池袋のホテルにデリヘル嬢を呼び、 シャブセックスを強要していたことがバレ、逮捕された。

「逮捕後、父アキラさんは会見で『厳しく育てすぎた』 と語っていたが、全くですよ。お手本のような二世タレントで、 自己中心的。違法カジノ店への出入り疑惑を見てもわかる通り、 自重することなく好奇心が勝ってしまう。友人との酒席でも『○○ とヤッた』と自慢話ばかりしていたそうです」(スポーツ紙記者)

 写真週刊誌「フライデー」(講談社)は2週にわたって、 相手のデリヘル嬢Aさんのインタビューを掲載。 良太郎容疑者が電マ(電動マッサージ機)を持ち歩き、 自身の股間にそれを当て悶絶する“電マオナニー” の達人であることなどが記されている。

「生き恥以外の何物でもありません。フライデーが2週に渡り、 事件の本筋とは無関係の電マオナニーを報じたのは、 読者の反応が良かったため。悪ノリですね」とは別の週刊誌デスク。

 また、当局関係者によると「取り調べ中の態度が悪すぎる。 反省していないどころか、捜査員に食ってかかることもある。 覚せい剤所持でも警察は挙げたいが、供述がコロコロ変わる。『 他にもシャブやっている芸能人はいる』や『俺は○○ と付き合っていた』と得意げに講釈を垂れることもある」という。 

 程度にもよるが、日本の場合、 初犯の薬物事件ならば有罪でも執行猶予付きの判決が下るケースが多い。 良太郎容疑者に限っていえば、 収監して心身を鍛え直した方がよさそうにも思えるが……。

最終更新:2017/10/28 18:00

「○○とヤッた」“電マオナニー男”清水良太郎容疑者、取り調べの態度が悪すぎて……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

DJ HASEBE語る志村けん

 志村けんが逝去してから1カ月以上が経っても、テレビ業界をはじめ、一般層にも広がる志...
写真