日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 名画の前でヴァギナをご開帳

「私のオマ●コ!」お騒がせ女性アーティストが、名画モナ・リザの前でヴァギナをご開帳

「私のオマ●コ!」お騒がせ女性アーティストが、名画モナ・リザの前でヴァギナをご開帳の画像1目の前で繰り広げられたノーパン大股開きに、モナ・リザもビックリ?(騒動の模様を伝えるフランスのテレビ番組のYouTubeチャンネルより。以下同)

 9月28日、名画「モナ・リザ」の下絵としてレオナルド・ダ・ヴィンチ自身が描いたヌードスケッチと思われる作品が見つかったと、フランスのルーブル美術館が発表した。スケッチには、上半身裸でモナ・リザと似たポーズを取る女性の姿が描かれている。

 まるでそのニュースを予見していたかのようなタイミングの同24日、ルーブル美術館で、あるハプニングが起こった。

 イギリスのタブロイド各紙によると同日、ある女性アーティストが、大勢の観光客がいる中、モナ・リザの前でノーパン大股開きのパフォーマンスを行ったのだという。

 この女性、絵画の周囲に設置されている囲いをくぐり抜けると、着ていた服を脱ぎ捨て、モナ・リザの前にある台の上に座った。

 上半身はビスチェのような服を着ていたが、下半身は何も身に着けておらず、観光客が何事かと驚いて見守る中、自身の股間を見せつけるように両足を大きく開いた。

「私のオマ●コ!」お騒がせ女性アーティストが、名画モナ・リザの前でヴァギナをご開帳の画像2偶然居合わせた入場者たちは、プロカメラマンばりに、すぐさま撮影を開始

 彼女は事態に気づいた係員にすぐに制止され、部屋の奥へと連行されていったが、連れ去られる前に大声で「モナ・リザ、私のオマ●コ、私の著作権」と叫んでいたという。

 このお騒がせ女性アーティストはルクセンブルク人で、フランス国籍も持つデボラ・デ・ロベルティスさん(33)。彼女はいわゆるパフォーマンス・アーティストで、これまでにもその他の有名美術館に展示されている有名絵画の前で、同じようなノーパン大股開きのパフォーマンスを行う騒ぎを起こしている。今年4月にも、やはりモナ・リザの前で同様の行為に及んでいる。

 ロベルティスさんはマスコミの取材に対して、自身の行動は性器を露出することが目的ではないと言い、「私のメッセージは、芸術の歴史における女性アーティストが置かれた位置に対して、疑問を投げかけること。だから私は、美術館でこういったパフォーマンスをする必要があるのよ」と答えたという。

 果たして、彼女のメッセージは世界に届いたのだろうか? 

最終更新:2017/10/05 14:00
こんな記事も読まれています

「私のオマ●コ!」お騒がせ女性アーティストが、名画モナ・リザの前でヴァギナをご開帳のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真