日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ドクターX』アノ医師不在で残念

“失敗しないドラマ”平均視聴率20.9%の好スタートも、“ドクターY”不在が残念!『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第1話

失敗しないドラマ平均視聴率20.9%の好スタートも、ドクターY不在が残念!『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第1話の画像1テレビ朝日系『ドクターX ~外科医・大門未知子~』番組公式サイトより

 フリーランスの天才外科医・大門未知子役を米倉涼子が演じ人気を獲得しているドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第5シーズン・第1話が12日に放送され、平均視聴率20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。期待通りの好スタートを切りました。

 さて、まずはあらすじを少し。山奥の秘湯を訪れた未知子は、その帰りに乗車したバスの運転手・車田一久(松澤一之)が心肺停止状態に陥ったため、たまたま通りかかった“謎の女性”が運転する車で近くの病院へ搬送し緊急オペを行うことに。しかし、その病院の設備が不十分で根治できなかったため、近日中に再度オペをすることにします。

 日改まりシーン変わって東帝大学病院では、病院長・志村まどか(大地真央)が腐りきった病院の体質をクリーン化すべく大改革を断行。教授陣が居並ぶ会議室は粛々としたムードなのですが、そこへ未知子が「この泥棒猫!」と怒鳴り込んできたものだからひと騒動に。しかし、未知子の行動には当然理由があります。実は志村はあの“謎の女性”で、最新機器が揃う同病院で治療を行うのがベストだと判断して、車田を勝手に転院させてしまっていたのです。

 志村との話し合いの結果、未知子は東帝大学病院に雇われることに。しかし、車田の担当からは外されてしまいます。その代わりに執刀医を任されることになったのは、心臓外科の世界的権威ジャイケル・マクソン教授(ブレイク・クロフォード)。マクソン教授は手術支援ロボット・コロンブスを用いて、アメリカのボストンから太平洋横断遠隔オペを行おうというのです。

 蚊帳の外に置かれてしまった未知子はある日、昼休みに訪れたトンカツ屋でジャーナリスト・一色辰雄(升毅)が心臓発作で倒れる場面に遭遇。ただちに東帝大学病院へと搬送します。そしてレントゲン検査をした結果、心臓に腫瘍を発見。実はその腫瘍、他の医師からは切除不可能と見放されてしまったものなのですが、未知子は自信満々に「私、失敗しないので」と言い放ち、一色に手術することを了解させてしまうのです。

 しかし、ここでまたしても志村の妨害が。一色の手術をマクソン教授に担当させ、未知子は車田の手術をするよう命じられてしまうのです。渋々ながらもその命令に従った未知子は、車田の手術を無事に成功させます。


12
こんな記事も読まれています

“失敗しないドラマ”平均視聴率20.9%の好スタートも、“ドクターY”不在が残念!『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第1話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

フリーランスの天才外科医・大門未知子役を米倉涼子が演じ人気を獲得しているドラマ『ドクター...
写真