日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新たなMC候補に滝沢カレンが急浮上

バラエティ界の新たなMC候補として滝沢カレンが急浮上! MCとしての理想的な条件をすべて持つ人材だった

■意外に悪くない仕切りを見せる滝沢カレン

 さっそく、この日の滝沢カレンはMCとしての実力を垣間見せている。

 まず、調子が良い軽ボケを連発する芸人・田渕章裕(インディアンス)が登場。彼と対峙してどれだけ話を引き出すことができるか、番組側はMC候補らのために場を用意した。

 このシチュエーションで、例えば梅澤アナはボロボロだった。スタジオに現れるや、田渕はまともに椅子に座ろうとしないし、「日本テレビアナウンサーの梅澤と申します」と、よくわからないボケを連発するし。結果、全く話を引き出せずじまいで持ち時間を終了させてしまう梅澤アナ。

 一方、滝沢は見事だった。小ボケを連発する田渕を「はい、わかりましたー」「それはそうと……」といなし続け、唐突に「昨日の生き様を教えてください」と、変な日本語を用いて彼女なりにゲストを掘り起こそうとする姿勢。

 確かによく見ると、滝沢のMC術は番組を脱線させていない。こまめにツッコミも入れている。結果として視聴者の印象に残るのはMCばかりだったものの、それを断罪するならば明石家さんまのMCだって成立してないことになる。

■21世紀だからこそ成立する、「MC・滝沢カレン」

 実は、すでに滝沢はMCを経験済みだ。10月3日に放送された特番『世界! ちょっといいですか?~色んな国で同じコト聞いてみた~』(フジテレビ系)は、異国の文化や国民性をテーマにしたクイズ番組。

 この時、MC席に着いた滝沢は、芸人らのトークでガヤついた場に直面するも「はい、それでは切り替えましょう」と淡白にあしらい、惜しくも誤答する回答者に「そういう考えは通用しないと思います」とツッコミを入れ、正解が出ると「大正解です!」と言うつもりが「大喜びです!」と言い間違える、まるで新たなMC像を提示している。ステレオタイプとは真逆の“笑い”と“仕切り”は、新鮮な見どころだ。

 かつて、演出家としてテレビ界の第一線にいたテリー伊藤は「たこ八郎をゴールデン番組の司会にしたい!」と息巻いていたものの、その思いが叶うことはなかった。

 しかし、時代は変容する。お笑い芸人がお笑い以外の番組でMCを務めることはもはや珍しくなく、冒険的なキャスティングも当時よりは融通の利く現代だ。

 この状況は、滝沢カレンにとって好機。突拍子もないキャスティングが許される今だからこそ、彼女は“21世紀の新MC”と呼ぶにふさわしい存在。

 もし本当に、彼女が多くの番組にMCとして登場したならば、テレビ界は荒れる。芸能界のMC事情も、新たな境地へ進むこととなるだろう。そんな日を妄想しただけで、ワクワクしてくるじゃないか。
(文=寺西ジャジューカ)

最終更新:2017/10/23 11:49
12
こんな記事も読まれています

バラエティ界の新たなMC候補として滝沢カレンが急浮上! MCとしての理想的な条件をすべて持つ人材だったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

なんだかんだ、バラエティ界では、なだらかな新陳代謝が図られている。昔と違い、潤沢な制作費...
写真