日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能界の“隠れバイ女優”たち

元でんぱ組・最上もがのバイセクシャル告白で注目!芸能界の“隠れバイ女優”たち――

元でんぱ組・最上もがのバイセクシャル告白で注目!芸能界の隠れバイ女優たち――の画像1『最上もがオフィシャルブログ「もがたんぺぺぺ」』より

 アイドルグループ・でんぱ組.incの元メンバー・最上もがの衝撃告白が波紋を広げている。

 今月17日放送のTBS系『テッペン!「有田哲平の夢なら醒めないで」』で、バイセクシャルであることを明かしたのだ。理想のタイプを聞かれた最上は、「わかりません。というかあんまり人を好きにならないです」「10歳ぐらいの頃から、普通に女の子の方が好きだったんですよ」と回想。

 ある女性芸能人を本気で好きになり、その女性と2人でお酒を飲みに行ったり、ハグやキスをする関係だったが、相手が結婚したため結ばれなかったことも明かした。

 これに司会のくりぃむしちゅー・有田哲平は「いやぁ、なかなかのカミングアウトですよ。軽く言っているけど」と仰天。最上によると、バイセクシャルであることは以前より公にしているというが……。

 最上を知る人物は「そのニュースを見て初めて知りましたね。普通に好きな男性のタイプをしゃべることもあったし、それなりに男性経験はありそうでしたけど。正直『キャラ作りかな?』と思いました」と驚きを隠さない。

 ネット上では最上が好きになった女性について、8月に俳優・池田大と結婚したSEKAI NO OWARIのメンバー・Saoriの名前が挙がっているが、真偽は定かではない。

 芸能界では「メイプル超合金」のカズレーザーら、バイセクシャルを公言している者もいれば、壇蜜や鳥居みゆきのような“ビジネスバイ”、さらにはバレたらイメージに影響を及ぼすことから公表できない“隠れバイ”も大勢いる。

「有名なのはヤクザ作品にもたびたび登場する“姐さん女優”のR。新宿2丁目でも広く知られています。意外なところだと、若手人気女優のK。彼女は性への探究心が凄い。一時期、ミリオン歌手のHやTと“交際”していたこともあるようです。男性相手ではMだけど、女性相手だとSになるそうです(笑)」(事情通)

 最上も稀有なバイセクシャルタレントとして、今後露出が増えそうだ。

最終更新:2017/10/23 12:00

元でんぱ組・最上もがのバイセクシャル告白で注目!芸能界の“隠れバイ女優”たち――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

アイドルグループ・でんぱ組.incの元メンバー・最上もがの衝撃告白が波紋を広げている。 ...
写真