日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能界の“隠れバイ女優”たち

元でんぱ組・最上もがのバイセクシャル告白で注目!芸能界の“隠れバイ女優”たち――

元でんぱ組・最上もがのバイセクシャル告白で注目!芸能界の隠れバイ女優たち――の画像1『最上もがオフィシャルブログ「もがたんぺぺぺ」』より

 アイドルグループ・でんぱ組.incの元メンバー・最上もがの衝撃告白が波紋を広げている。

 今月17日放送のTBS系『テッペン!「有田哲平の夢なら醒めないで」』で、バイセクシャルであることを明かしたのだ。理想のタイプを聞かれた最上は、「わかりません。というかあんまり人を好きにならないです」「10歳ぐらいの頃から、普通に女の子の方が好きだったんですよ」と回想。

 ある女性芸能人を本気で好きになり、その女性と2人でお酒を飲みに行ったり、ハグやキスをする関係だったが、相手が結婚したため結ばれなかったことも明かした。

 これに司会のくりぃむしちゅー・有田哲平は「いやぁ、なかなかのカミングアウトですよ。軽く言っているけど」と仰天。最上によると、バイセクシャルであることは以前より公にしているというが……。

 最上を知る人物は「そのニュースを見て初めて知りましたね。普通に好きな男性のタイプをしゃべることもあったし、それなりに男性経験はありそうでしたけど。正直『キャラ作りかな?』と思いました」と驚きを隠さない。

 ネット上では最上が好きになった女性について、8月に俳優・池田大と結婚したSEKAI NO OWARIのメンバー・Saoriの名前が挙がっているが、真偽は定かではない。

 芸能界では「メイプル超合金」のカズレーザーら、バイセクシャルを公言している者もいれば、壇蜜や鳥居みゆきのような“ビジネスバイ”、さらにはバレたらイメージに影響を及ぼすことから公表できない“隠れバイ”も大勢いる。

「有名なのはヤクザ作品にもたびたび登場する“姐さん女優”のR。新宿2丁目でも広く知られています。意外なところだと、若手人気女優のK。彼女は性への探究心が凄い。一時期、ミリオン歌手のHやTと“交際”していたこともあるようです。男性相手ではMだけど、女性相手だとSになるそうです(笑)」(事情通)

 最上も稀有なバイセクシャルタレントとして、今後露出が増えそうだ。

最終更新:2017/10/23 12:00
こんな記事も読まれています

元でんぱ組・最上もがのバイセクシャル告白で注目!芸能界の“隠れバイ女優”たち――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

アイドルグループ・でんぱ組.incの元メンバー・最上もがの衝撃告白が波紋を広げている。 ...
写真