日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 声優 on FINDER!  > 妖精の国からきたアイドルの野望
宍戸留美×小明×Voice Artist【声優 on FINDER!】vol.54

「概念になりたい……」【イヴにゃんローラン】妖精の国からドラゴンに乗ってきたアイドルの意外な野望

「概念になりたい……」【イヴにゃんローラン】妖精の国からドラゴンに乗ってきたアイドルの意外な野望の画像1

 元祖フリーアイドルで声優のルンルンこと宍戸留美さんが、自らカメラマンとしてかわいい声優さんたちの写真を撮り、さらにアイドルライターの私(小明)がインタビューする不思議な連載の54回目! 今回も声優からちょっと外れた番外編! 宍戸留美27周年記念アルバムに入る名曲『地球の危機』のカバーオーディションに合格した、シンセポップユニット“Kit Cat”のアイドル担当・イヴにゃんローランさんが来てくれました!

――このたびは“地球の危機オーディション”合格おめでとうございます!

イヴ ありがとうございます~!

――合格を知ったときは、どんな気持ちでしたか?

イヴ 信じられなかったです。たくさんの方が応募されていて、みんなすごい個性的だったので「イヴにゃん大丈夫かにゃ~?」って不安で……。なので、すごく光栄でうれしかったです。

――個性ならまったく負けてないですよ! レコーディングはどうでしたか?

イヴ 宍戸さんが見てる中で歌うってことに緊張しすぎて、前日も眠れなかったんですけど、優しく教えていただけて楽しく歌えました。

――確かにそれはハードル高いです! あのオーディションのことはどうやって知ったんですか?

イヴ 私、“Kit Cat”っていうユニットをやってるんですけど、イベントでノーメイクスさんとご一緒したとき、『地球の危機』の作曲をされた福田裕彦さんにもお会いできて「地球の危機にすごく合っているから」って薦めてもらったんです。

――イヴにゃんさんは、ミスiDやついいちろう賞の空野青空さんとやっているユニット“ザ・にゃんとかにゃるず”でも『地球がとにかく変わってる』って曲を歌われてますし、とにかく地球がヤバくなりがちですね。

イヴ そうにゃんです!

――その、ちょいちょい「な」を「にゃ」に変えてしゃべるところに、さかなクンが「ご」を「ぎょ」って言うようなプロ意識の高さを感じます! せっかくなので、今日は宍戸さんから合格の理由を聞いてみましょう~。

宍戸 彼女は福田さんの一押しだったんですよ。とにかく、彼女のキャラクターが歌詞の内容とピッタリだって。「あの歌詞の主人公みたいな子がいるよ」って。

――歌の世界観にハマッたんですね! ご自分で、イヴにゃんバージョンの『地球の危機』を聴かれてみてどうでしたか?

イヴ 逆に地球を破壊しそうな感じでした……。でも、すごい良いなって、我ながら(笑)。

――出来上がりが楽しみです! ちなみに、イヴにゃんさんは、どういう流れでアイドルになったんですか?

イヴ イヴにゃんは妖精の国からドラゴンに乗ってやってきたんです。

――お? ヤバイ奴が来たぞ。

イヴ 妖精の国では最初はアイドルとかよくわからなくって、海外のバンドとか、ロックとかを聴いてたんですね。


12345
こんな記事も読まれています

「概念になりたい……」【イヴにゃんローラン】妖精の国からドラゴンに乗ってきたアイドルの意外な野望のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

ここ数年、まるでバブルのような存在感でその名を轟かせている「港区女子」。生息地は主に港区...…
写真