日刊サイゾー トップ  > 柏木由紀だけでは“話題性ゼロ”?

柏木由紀だけでは“話題性ゼロ”でマスコミを呼べない? イベントゲストに「かまいたち」が急きょ追加

柏木由紀だけでは話題性ゼロでマスコミを呼べない? イベントゲストに「かまいたち」が急きょ追加の画像1

 AKB48・NGT48の柏木由紀と『キングオブコント2017』王者のお笑いコンビ・かまいたちが、10月20日に都内で行われた「レモンサワーフェスティバル 乾杯式」にスペシャルゲストとして出席した。よくあるタレントを呼んだプロモーションイベントと思われるが、その裏ではこんな動きがあったという。週刊誌記者は、こう話す。

「この手のイベントは、大抵事前に雑誌や新聞の編集部にリリースが届いて記者を募るんですが、最初に来た同イベントのリリースには、柏木由紀の名前しか載っていなかったんですよ。それが、イベントの前々日くらいになって、新たにかまいたちの名前が追加されてリリースが届いたんです。編集部内では、『柏木由紀1人では、マスコミが集まらなかったんじゃないか』とウワサになっていました」

 数年前のAKB48のメンバーといえば、話題性もあり、この手のイベントのスペシャルゲストとしては定番だった。しかし、最近では人気も急落、ニュースに取り上げられることも減り、“イベントタレント”としての価値も下がってしまったのだという。

「正直、今のAKB48のメンバーの中では、指原莉乃と卒業を控えている渡辺麻友が辛うじてニュース性があるくらいで、ほかのメンバーはまったく話題にならない。乃木坂46や欅坂46のメンバーならよかったんですが、柏木だとプロモーションに利用するのはかなり難しいということでしょうね」(同)

 柏木だけではマスコミが呼べないということで、芸人のゲストを追加するのであれば、キングオブコント優勝のかまいたちよりも、準優勝のにゃんこスターの方が適任ではないかという声もある。確かに、にゃんこスターはコンビで交際していることも発覚し、話題性もある。

「にゃんこスターは事務所も柏木と同じナベプロですし、普通ならこっちをゲストにしたいところです。でも、交際が発覚したことで、少々風向きが変わってしまった。ネットでは叩かれることも多いですし、“炎上案件”というイメージもある。ヘンな方向に話が進んでしまう可能性もあるということで、にゃんこスターはクライアントとしてはあまり好ましくないゲストだったのかもしれません」(前出記者)

 AKB48の凋落と、にゃんこスターのつまずき──。何の気なしに開催されているタレントゲストのイベントの裏には、悲喜こもごもがあったのだ。

最終更新:2018/12/11 12:58
こんな記事も読まれています

柏木由紀だけでは“話題性ゼロ”でマスコミを呼べない? イベントゲストに「かまいたち」が急きょ追加のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

AKB48・NGT48の柏木由紀と『キングオブコント2017』王者のお笑いコンビ・かまい...
写真