日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > インパルス・堤下敦に募る不快感

追突事故で謹慎中のインパルス・堤下敦、周囲に募る不快感「運転控えろ」の助言にも逆ギレで……

インパルス・堤下敦

 2年前、「安全に注意して運転してくださいね!」とTwitterで呼びかけていたのは、お笑いコンビ・インパルスの堤下敦。当時は一日交通機動隊隊長として、運転への注意を促していたのである。

 しかし、今年6月に睡眠薬と抗アレルギー薬などを飲んでもうろうとしながらの運転で電柱に衝突する事故を起こし、道路交通法違反(過労運転、事故不申告)で9月に書類送検。さらに10月27日、横浜市の国道1号で運転中、赤信号で停車中のごみ収集車に追突する事故を起こし、相手の車に乗っていた2人に首を捻挫するなどの軽傷を負わせてしまった。

 結果、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーから、しばらくの謹慎処分と発表された。これには「仲間内で堤下への不快感が強まっている」と事務所関係者が話している。

「不注意による事故なら『これ以上の大事故にならなくてよかったね』と慰められこそすれ、仕事すべてキャンセルするほどの事態にはならなかったと思うけど、堤下は6月の事故の後、周囲が『運転をしばらく控えろ』と言っても、まったく耳を貸さなかった。心配して助言した後輩にも逆ギレし『俺が運転するかどうか、オマエが決めるのかよ』とか言ってたと聞いた。そういう態度を取っていると、こういうとき突き放される」(同)

 6月の事故は、運転に支障のある常用薬を飲んでいた自覚がありながらの事故で、罪の意識が高ければ運転自体を控えていてもよさそうなものだが、堤下は周囲の助言を無視していたようなのだ。

 もともと自分より下の者には「きつい」ことで知られる堤下。過去、番組の元ADが「堤下さんにパワハラされた」と漏らしたり、森三中の大島美幸から、メンバーの黒沢かずこがいじめられたと暴露されたこともあった。

「その気性の激しさは『薬の副作用か何かでは?』と言われることもあった」と関係者。

「2年ぐらい前、堤下は深夜のネット番組に泥酔したような状態で生出演して、素人相手にうつろな表情で『ケンカしてえのかゴラア!』などとかみついて、周囲からは『薬物でもやってるのか?』と疑われたことがあった。6月の事故で、その薬が麻薬とかじゃなくて睡眠薬だったのか、となったわけだけど……」

12

追突事故で謹慎中のインパルス・堤下敦、周囲に募る不快感「運転控えろ」の助言にも逆ギレで……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真