日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 三四郎・相田の“オラオラ”な素顔

三四郎の「じゃないほう芸人」相田周二が覚醒の時を迎えた!? 彼の“オラオラ”な素顔はバラエティで通用するか?

 

■相田が“オラオラ”という新キャラを完成させる

 

 現在のバラエティ界は、あらゆる個性がブレークの一因になり得る。バイきんぐ・西村のサイコパスと紙一重な人物像、ハライチ・岩井のねじれた狂気、トレエン・たかしの不思議な悟り、などなど。

 そして三四郎・相田の“オラオラ”も、いよいよ花開くか? 劇団ひとりから「普段からも“オラオラ”でボケていけばいい」と促された相田は、早速、荒々しい素顔を披露している。

ひとり「好きな食べ物は?」

相田「マンゴー」

ひとり「ボケてないよ!」

相田「レスポンス重視で言ったんだよ!」

ひとり「俺の名前は?」

相田「誰だ、お前?」

 三四郎の“じゃないほう芸人”が、ついに新キャラを完成させた!

 とはいえ、『ゴッドタン』は特別な番組。ここで通用した個性も、他の番組で活かせるとは限らない。この方向性が吉と出るか否かは、まだ幾ばくの時間を要する。

 温かい目で見守っていきたい。
(文=寺西ジャジューカ)

 

最終更新:2017/11/09 11:52
12
こんな記事も読まれています

三四郎の「じゃないほう芸人」相田周二が覚醒の時を迎えた!? 彼の“オラオラ”な素顔はバラエティで通用するか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真