日刊サイゾー トップ > 芸能  > D・フジオカの魅力がわからない

D・フジオカ&武井咲演じる主人公が「全く好きになれない……」『脅迫します』5.9%自己最低!

D・フジオカ&武井咲演じる主人公が「全く好きになれない……」『脅迫します』5.9%自己最低!の画像1
武井咲

 ディーン・フジオカ演じる“脅迫屋”と、武井咲演じるお人よし大学生によるドタバタヒューマンコメディ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)。12日放送の第4話の平均視聴率は5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、自己最低を記録してしまいました。あららら。

 今をときめくおディーン様の民放初主演ドラマにもかかわらず、なんだかパッとしない同作。その原因を探りつつ、今週もあらすじを振り返ります。

※前回のレビューはこちら
https://www.cyzo.com/2017/11/post_141960.html

■ストーリーはなかなか重いが……

 冒頭から「今から君を脅迫する」と、ウクライナ人の金髪美女を脅迫している千川(ディーン)が登場。しかし、「昼夜を問わず、大声で泣き喚く、排泄物を撒き散らしては、注意されるとヒステリーを起こして噛み付く」「君のご主人様は、この状況を嘆いている」と、よく聞いてみると美女の腕に抱かれているパグに対して脅迫しているのでした……。

 そんな極寒の掴みギャグの後は、7年前に交通事故で亡くした両親の墓参りをする澪(武井)のシーンへ。そこへ、中学校の教師だった澪の母・七海(石田ひかり)の教え子だという國枝(森田甘路)が。当時、荒れていた自分におはぎを食べさせ、将来につながるアドバイスをくれた七海に恩義を感じているという國枝ですが、澪に「あいつは罪も償わずに、のうのうと……」「本当に悪い奴は、別にいる」と意味深な言葉を残します。

 澪の両親をはねた犯人・大西はすでに逮捕され、刑期を終えているものの、國枝の言葉が引っかかる澪。そんなとき、澪の元へ「國枝との関係について聞きたい」と警察がやってきます。なにやら昨晩、7年前の事故で同乗していた添島(前田公輝)という男を、國枝が襲おうとしたのだとか。

 両親の事故との関連を疑う澪は、栃乙女(島崎遥香)に添島の調査を依頼。すると、出所後の大西が、添島の父親が経営する商社で役員にまで上り詰めていることが判明。大西は、添島の身代わりになった可能性が高そうです。

 早速、添島を呼び出し、「自首してください」と詰め寄る澪。すると添島は、1カ月前に起こした別の事故のことだと勘違い。添島が飲酒運転で事故を起こしたのは、1度きりではなさそうです。


12
こんな記事も読まれています

D・フジオカ&武井咲演じる主人公が「全く好きになれない……」『脅迫します』5.9%自己最低!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真