日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 星野源が完全無欠のキャラに!?

好調キープのTBS『コウノドリ』星野源が完全無欠のキャラクターになってしまう!?

TBS系『コウノドリ』番組サイトより

 周産期医療センター(出産の前後を通して、産科と新生児科で連携した医療体制のとれる病院)を舞台に、医師や助産師、妊婦やその家族の喜びや悲しみ、生命の誕生の素晴らしさや難しさを描く医療ヒューマンドラマ『コウノドリ』(TBS系)。「泣けた」「感動した」との声も多かった第5話は、裏のサッカーブラジル戦の影響もあってか視聴率10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とやや下がりながらも2ケタをキープ。2年前の前シーズンでも第5話は神回との呼び声高かったが、今回も中だるみしかけるこの時期に、強い話を持ってきたようだ。

 

■同じ境遇の出会い

 

 今回、産科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)が受け持つのは、切迫早産(まだ適正な時期でないのに子宮口が開きかけ、早産「しそう」な状態)のため急遽入院することになった西山瑞希(篠原ゆき子)。

 まだ妊娠27週である今、子どもが生まれてしまうと、十分に自力呼吸できなかったり合併症を起こす心配があるため、母体である瑞希は少しでも安静に過ごし、お腹の中で1日でも長く子どもを育み、早産を防ぐ必要がある。そのため出産まで2カ月ほどの長期入院になるらしい。

 突如始まった入院生活で隣のベッドになったのは、同じく切迫早産で1カ月前から入院している七村ひかる(矢沢心)。長らく一人で入院していた七村は、「よかったー! やっと話し相手が来てくれたー!」と瑞希を歓迎、同じ境遇、同じ趣味(ゾンビ映画好き)の2人はすぐに打ち解ける。

 瑞希の夫・寛太(深水元基)が持参した手作りプリンは、七村や医師らにも大好評。2人は洋菓子店を営んでおり、寛太は小まめに病院に足を運ぶいい夫なのだが、顔が怖く無口なだけで七村にも医師らにも第一印象で「殺し屋?」と勘ぐられてしまう美味しいキャラ。イメージはジャン・レノか。本当に人を殺せる能力を持つ旦那と結婚しているのは矢沢心の方なのだが、それはさておき、同室で過ごす2人の距離はどんどん縮まっていく。

 点滴針を毎日打つため腕が硬くなり、刺す場所が減っていくが、それでも2人は「赤ちゃんのためなら」と互いに励まし合う。

 

■突然の死

 

 いつものように鴻鳥はエコーで瑞希のお腹の様子を診ているが、どうしても胎児の心拍を確認できず、顔が曇る。夫の寛太や四宮も加わり、別室で改めて確認するものの結果は同じ。

「西山さん、やはり心拍を確認できません……残念ですが、お腹の赤ちゃんはもう……」

 鴻鳥の口から正式に告げられたのは、IUFD(子宮内胎児死亡)というあまりにも唐突で残酷な事実。原因もまだ不明で、当然、夫妻もまだ受け入れられるはずもないのだが、医師である鴻鳥は早めに出産すべき旨を伝えなくてはならない。亡くなった子どもの組織の一部が母親の血中に混じると、血液が固まりづらくなり、出産時に大出血してしまう恐れがあるのだ。

 子宮内で子どもが死亡しているというだけでも失意のどん底なのに、それでもお腹を痛めてお産をしなくてはいけないという現実。泣き崩れる妻を、寛太は抱きしめる。

 個室に移るためと看護師らが西山のベットを片付けているが、七村はなんの前触れもなく突然いなくなってしまった瑞希が気にかかる。鴻鳥もまわりが心配するほど徹夜で原因を調べている。


123
こんな記事も読まれています

好調キープのTBS『コウノドリ』星野源が完全無欠のキャラクターになってしまう!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真