日刊サイゾー トップ > 芸能  > 武豊の不倫でとんねるずトバッチリ

武豊の“路チュー不倫”で、とんねるず『みなおか』に思わぬトバッチリ!?

『とんねるずのみなさんのおかげでした 博士と助手 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 Season2 Vol.2 「紅白モノマネ合戦〜深夜3時の奇跡編』(エイベックス・ピクチャーズ)

 競馬騎手の武豊が、タレント・小浦愛との路上キスを「FRIDAY」(講談社)に報じられた。武は2015年にもフリーアナウンサーの美馬怜子との手つなぎデートが「女性セブン」(小学館)に報じられており、不倫常習者といえる。

 だが、夫人の佐野量子は怒りこそしたものの、現在は夫を許しているようで、その神対応に注目が集まった。

 今回の武の不倫騒動で思わぬとばっちりを受けそうなのが、先ごろ冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が2018年3月末で終了すると報じられた、とんねるずの2人であろう。

「とんねるずと武は、公私ともに付き合いがあります。特に木梨憲武とは親友といえるほど仲が良く、木梨は旅番組の企画で武宅を訪問したこともあります。これまでにも武は、『食わず嫌い王決定戦』『男気じゃんけん』をはじめ、たびたび番組に出演してきました。『みなおか』の貢献者の一人といえますので、最終回へ向けて武のゲスト出演も予想されますが、今回の不倫イメージで頓挫する可能性があります」(放送作家)

 前番組から数えて30年以上にわたって続いた名番組だけに、最終回は歴代出演者がスタジオ観覧席にそろった『笑っていいとも!』(同)のような豪華な演出が予想される。そこに武の姿がないのは、とんねるずの2人にとっても寂しいだろう。

「実際に本人が来たとしても、不倫を笑いにできるのかは微妙なところでしょう。何しろ同番組は、昔の悪ノリをそのままに引きずった“保毛尾田保毛男”を復活させて世間から猛批判を浴びています。性的な表現にはナーバスになっているだけに、武の不倫イジりができるのかは未知数です。かつてのとんねるずならば、まちがいなくネタにしたでしょうが、現在は時代が違いますしね」(同)

『みなおか』グランドフィナーレは、波乱含みとなりそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2017/11/17 12:00

武豊の“路チュー不倫”で、とんねるず『みなおか』に思わぬトバッチリ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真