日刊サイゾー トップ > 芸能  > 飯豊まりえのブレークを阻むアノ人

売り出し中なのに! 若手女優・飯豊まりえのブレークを阻む“アノ人”とは……?

飯豊まりえファースト写真集『NO GAZPACHO』(集英社)

 今年7月放送の『マジで航海してます。』(TBS系)で武田玲奈と共に連ドラ初主演を果たし、7月~9月放送の『居酒屋ふじ』(テレビ東京系)ではヒロイン役を担当。現在放送中の野島伸司脚本によるFODオリジナルドラマ『パパ活』でも主演を務める女優・飯豊まりえだが、注目度が上昇するとともに、ある懸念がささやかれている。

 飯豊は、小学生時代に小学生向けファッション誌でモデルデビューし、ティーンズ向けファッション誌を経て、2013年には『獣電戦隊キョウリュウジャー』(テレビ朝日系)に出演。現在は「セブンティーン」(集英社)の専属モデルとして活動する一方、女優として映画、ドラマのみならず、バラエティ番組『にじいろジーン』(フジテレビ系)にもレギュラー出演するなど、活躍の場を広げている。一見、順風満帆に思える飯豊だが、ケチのつき始めは、今年4月に公開された映画主演作『暗黒少女』だ。芸能誌ライターが語る。

「秋吉理香子氏の同名小説を映画化した『暗黒女子』は、読後感の悪いことが癖になる“イヤミス(嫌なミステリー)”と呼ばれるジャンルの作品です。清野菜名、平祐奈、千葉雄大らを脇に従え、飯豊は主演を務めましたが、W主演の相手が、幸福の科学入信騒動の清水富美加だったのは不運でした。より知名度のある清水が映画の宣伝に参加せず、入信騒動を映画の告知に生かすこともできず、映画は大コケしました」

 しかし、その後も途切れることなく仕事が入り続け、来年1月には20歳を記念したファースト写真集を発売。同じく1月には、東野圭吾原作、阿部寛、松嶋菜々子主演の注目映画『祈りの幕が下りる時』にも出演する飯豊だが、関係者の間では、あることがしばしば話題になっているという。週刊誌の芸能担当記者が語る。

「飯豊は小学生の頃からモデルとして活動してきており、10代にして10年以上のキャリアの持ち主ですが、写真の角度によって吉岡里帆にそっくりなんです。実際ネットでも、そういった声は大変多いようです。ただ、来年発売される飯豊の写真集のカットを見ると、ボディは完全に吉岡のほうが上ですね。キャリアはともかく、現時点での知名度は吉岡のほうが高い。写真集で水着を披露したことで、“吉岡の劣化版”と言われてしまう可能性はあるでしょう」

「吉岡里帆そっくり」というのは一般的には褒め言葉だろうが、“本家”ほど、すんなりブレークはできなそう?

最終更新:2017/11/19 10:00
こんな記事も読まれています

売り出し中なのに! 若手女優・飯豊まりえのブレークを阻む“アノ人”とは……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

酒井萌衣が語る48とアイドル界

 今や、国内だけで300人を超える巨大組織となった48グループ。その公式ライバルとして...
写真