日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > ズバッと芸能人  > “番組限定素人スター”の「人間力」
ズバッと!芸能人

『夜ふかし』『サンジャポ』『陸海空』……一度見たらクセになる“番組限定素人スター”の「人間力」

日本テレビ系『月曜から夜ふかし』公式サイトより

どうしてあのタレントは人気なのか? なぜ、あんなにテレビに出ているのか? その理由を、業界目線でズバッと斬る「ズバッと芸能人」。

 広く知られてこそ獲得できる「スター」という称号。だが最近は、特定の番組だけ出演し、他では見かけない“限定的”なスターも多い。とりわけ、番組が発掘した「素人」は「専属的」に扱われるという。そこで今回は、番組限定「素人スター」の「人間力」を追った。

 

■『夜ふかし』イチ押し!奇跡の「滑舌」女性

『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で人気なのが「フェフ姉さん」だ。「フェス」を「ふぇふ」、「イチジク」を「いつづく」、「白装束」を「しろそうどく」、「滑舌」という言葉すらも「かつぜふ」と聞こえてしまうほどの「聞き取りづらさ」が話題。だが、そんな欠点を卑下することなく明るく笑い飛ばす性格に勇気をもらう視聴者も多いはず。

 さらに最近、いつも隣にいる親友の多田(ただ)さんに高校中退の過去が発覚。そこで、高卒認定を受けたいという彼女の夢に寄り添うという名目で、さらに露出を増やしている。どちらも応援したくなる存在だ。

 

■ナスDに代わる?『陸海空』のニュースター

 10月からプライムタイムに昇格した『陸海空 地球征服するなんて』(テレビ朝日系)。番組の象徴的存在だった全身ナス色のディレクター通称「ナスD」が、11月11日のオンエアで日本に帰ってきてしまった。そんなスター不在の番組で期待されている素人が、小堺マサキさん(36歳)。200カ国以上を旅してきた経験を買われ、世界の謎を解明する「ミステリーアース」のコーディネーター兼出演者として抜擢されたのだが、これがとんでもない逸材だった。

 イギリスに行ったとき、「26歳の女性の霊と交信できた」などと平気でウソをつき、ロケ中にディレクターから叱られたり、2,000人の町民が忽然と姿を消した不可思議なゴーストタウンの朽ち果てた惨状を見て、なぜか実家のボロアパートを思い出し号泣。久しぶりに母親に国際電話をかけ、その声に再び泣き出すなどポンコツぶりを露呈。企画より彼の一挙手一投足に視聴者が熱狂していた。

 現在36歳。12年の彼女いない歴にピリオドを打つべく、新たにスタートした男女6人による恋愛紀行企画『ラブアース』に参加中。とことんクズだが憎めない、新たな番組の顔として期待されている。


12
こんな記事も読まれています

『夜ふかし』『サンジャポ』『陸海空』……一度見たらクセになる“番組限定素人スター”の「人間力」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真