日刊サイゾー トップ > 芸能  > ざわちんの動画デビューに暗雲

ざわちんがYouTuberデビューも「低く評価」殺到中! 見事な嫌われっぷりで“スポンサー降板危機”

YouTubeより

 YouTuberデビューを果たした“ものまねメイク”でお馴染みのタレント・ざわちんに、早くも不穏な空気が漂っている。

 ざわちんは20日、自身のブログで「Youtuber 一年生 ざわちんをよろしくお願いします 笑笑」とYouTubeチャンネルを開設したことを報告。初投稿のテーマは“普段メイク”で、日頃使用しているメイク道具を使い、すっぴんの状態からフルメイクを完成させた。

 Twitterで「モノマネメイクももちろんですが youtubeのざわちんは みんながメイクを一種のお洒落としてもっと楽しめるようにナチュラルから派手めなメイク法までといろいろなメイク法をシェアしていきたいな」と意気込んでいるざわちん。荒れることを恐れてか動画にコメント欄は設けていないものの、初投稿動画に対するユーザーの反応は、「高く評価」が375件なのに対し「低く評価」が1,761件(24日現在)と、散々な結果が見て取れる。

 ざわちんといえば、数年前にブレークを果たし、数々のテレビ番組に出演。しかし、テレビ映像とSNSの投稿写真が「別人」だと写真加工疑惑が浮上してからは、アンチが急増。

 さらに、ブログに投稿し続けてきたものまねメイクの完成写真に、本人画像との合成疑惑がささやかれるようになったほか、他人のSNSから画像を無断盗用していると話題になるなど、ここ数年で起きた炎上騒動は枚挙に暇がない。

「美容系のYouTuberは大勢いるものの、ここまでアンチだらけの人はいまだかつていないでしょう。ネット上では、『メイクよりも画像の加工技術を伝授して』『人にメイク教える前に、合成疑惑の釈明動画あげなよ』『SNSの写真みたいに、顔が短くなるメイクが見たい』などの揶揄が飛び交っています」(同)

 初投稿動画でざわちんは、自身がイメージキャラクターを務める化粧品も紹介しているが……。

「メイク関連商品のほか、カラコンや美容サロンなど、数々の広告キャラクターを務めているざわちんですが、その嫌われっぷりがYouTube動画の評価で明確になってしまった以上、起用を考え直す企業も出てくるのでは? ネット上での好感度が人気に直結するYouTuberに、ざわちんは最も不向きといえそう」(同)

 YouTuberデビューに際し、「うぇいうぇいうぇい!!!なノリでやります」とハイテンションのざわちん。新しい試みが、自らの首を絞めなければいいが……。

最終更新:2017/11/24 19:30
こんな記事も読まれています

ざわちんがYouTuberデビューも「低く評価」殺到中! 見事な嫌われっぷりで“スポンサー降板危機”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真