日刊サイゾー トップ > 芸能  > 映画『火花』爆死の戦犯は板尾創路?

A級戦犯は脚本家・監督の板尾創路? 又吉直樹の大ヒット作『火花』がドラマに続き、映画も爆死!

映画『火花』公式サイトより

 お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が執筆した小説『火花』(文藝春秋)を原作とした同名映画(菅田将暉、桐谷健太主演)が、11月23日に公開されたが、大爆死でのスタートとなってしまった。

 初週の「週末観客動員ランキング」(興行通信社調べ)は初登場3位にランクインしたものの、土日2日間の観客動員は8万2,400人で、10万人にも届かず。興行収入も1億1,100万円どまりだった。初日から4日間で見ても、動員16万2,400人、興収2億1,900万円にしかいかなかった。最近では、5週目を過ぎてもヒット中の『ミックス。』(新垣結衣、瑛太主演)の第1週の週末観客動員が18万人、興収2億3,500万円で、ざっと計算して、『火花』は、その半分にも満たなかった。

 改めて説明するまでもないが、小説『火花』は、2015年3月に発表され、またたく間にベストセラーとなり、又吉は「第153回芥川賞」を受賞。単行本と文庫本の累計発行部数は300万部を超える大ヒットとなった。

 原作は、漫才の世界に身を投じたものの、鳴かず飛ばずの生活を送っていた青年・徳永が、強い信念を持った4歳年上の先輩芸人・神谷と出会い、現実の壁に阻まれ、才能と葛藤しながら、歩み続ける青春物語。

 小説のヒットを受け、昨年春から、Netflixでドラマがネット配信され、それを再編集したものが、今年2月から4月まで、NHK総合で放送された(主演は林遣都)。ところが、前評判とは裏腹に、視聴率は初回でさえ4.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)どまり。第2話で2.9%と急降下し、第3話では1.5%まで落ち込んだ。以後、1~3%台をさまよい続け、平均2.7%と爆死していた。日曜午後11時放送開始というハンディを考慮しても、あまりにも低い視聴率に終わった。

 ドラマはキャストが地味だったが、この度、公開された映画版は、今をときめく菅田と桐谷のW主演で、ヒロインは木村文乃という豪華版。菅田は4月に公開された主演映画『帝一の國』では、まずまずの動員を見せたが、その菅田をもってしても、『火花』は、この体たらくとなった。

「原作が、これだけ大ヒットしたのに、ドラマや映画が惨敗を喫したのは、脚本の悪さが考えられます。ドラマはネット上で、『つまらない』『暗い』などとバッシングを受けていましたが、その悪評が映画の動員に響いたのかもしれません。映画を見た観客の評判も、あまりかんばしくないようです。映画の脚本と監督を担当したのは、ドラマの脚本協力もした板尾創路。その責任は重大かもしれません」(エンタメ誌編集者)

 板尾といえば、公開直前、写真週刊誌「FLASH」(光文社)で、映画に出演したグラドルとのラブホ不倫が報じられ、ミソを付けた。その意味では、映画版爆死のA級戦犯は板尾なのかもしれない。とはいえ、まだ2週目に入ったばかり。原作の知名度は抜群なだけに、ここからの巻き返しに期待したいものだ。ドラマも映画も爆死では、原作者の又吉も報われないだろう。
(文=田中七男)

最終更新:2020/07/07 16:58

A級戦犯は脚本家・監督の板尾創路? 又吉直樹の大ヒット作『火花』がドラマに続き、映画も爆死!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真