日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 元NMB・須藤凜々花“炎上商法”の黒幕

AKBとは“事実上共演NG”の元NMB・須藤凜々花「炎上商法」を仕掛ける黒幕とは?

『【須藤凜々花】 公式生写真 AKB48 #好きなんだ 通常盤封入特典 だらしない愛し方Ver.』

 今年6月の『第9回AKB選抜総選挙』で結婚を宣言し、8月にNMB48を卒業したタレントの須藤凜々花が、昨今の“ゲス不倫事情”に一石を投じた。

 先月26日放送の『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)でのこと。この日のテーマは「叩かれるオンナたち」で、ベッキーや矢口真里に加え、不倫疑惑の相手である倉持麟太郎弁護士を政策顧問に起用した山尾志桜里衆院議員が紹介されると、突如、須藤が「国会議員の方は風俗に行っちゃいけないんですか?」と質問。

 他の共演者が「行って悪いことではない」などと困惑する中、須藤は「なんか女の人の風俗ってあんまりないじゃないですか? 添い寝サービスとかはあるけど、常識的に女の人が風俗に行くってイメージがないじゃないですか? でも女の人にだって性欲はあるじゃないですか? でも、こうやって国会議員の方も風俗に行く自由はあるわけで……」と持論を展開した。

 そして一連の山尾氏の不倫疑惑について「両方合意じゃないですか? 不倫と言っても。だから、そういう(不倫を)下品なことだって叩くことが下品じゃないかなって」と主張した。

 男性国会議員が妻に内緒で風俗に行くのと、性サービスのない女性議員が不倫に走ることの根本は一緒という考えなのだろうか……。

 案の定、ネット上では「風俗と不倫は別物」「不倫は性欲うんぬんの話だけではない」という意見に加え、須藤が先の総選挙で投票したファンを裏切り、結婚宣言したことを引き合いに出し「おまえが言うな!」との声が殺到している。

 スポーツ紙記者は「須藤さんの将来の夢は哲学者。常日頃から疑問に思ったことはノートに書きとめ、あとでじっくり“哲学”しているようですが、はっきり言って哲学しすぎですね。それも間違った方向に。本人は素でしゃべっているようですが、炎上狙いと受け取られてもおかしくありません」と話す。

 現在、須藤はAKBグループから事実上の共演NGが通達されている状態。本人は「何も悪いことはしていない」「自分に素直に生きる」をモットーにしているそうだが、現実はそんなに甘くはない。

「周りも彼女を腫れ物のように扱っている。その裏には芸能界に影響力を持つ大手出版社のX氏が須藤さんを気に入り『そのままでいけ』と指令を出しているからとも言われます。ただ、この社長は旗色が悪くなると、すぐに責任転嫁することで有名。最終的には彼女自身が傷付くことにもなりかねません」(同)

 交際中の彼氏とは来春にも結婚予定というが、このままではとても祝福されそうにない。

最終更新:2017/12/04 12:00
こんな記事も読まれています

AKBとは“事実上共演NG”の元NMB・須藤凜々花「炎上商法」を仕掛ける黒幕とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真