日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 野球の魅力を伝えた「100人分の1位」
熱血!スポーツ野郎

プロ野球の魅力伝えた「プロ野球100人分の1位」と、野球ファンの民度の高さ示した「熱盛グランプリ」の魅力

フジテレビ系『スポーツLIFE HERO’S』公式Twitter(@fujitv_heros)より

 旧聞になってしまうが、今年のプロ野球MVP、新人王の記者投票結果が物議を醸した。MVP投票において、オリックスの新人で今季8勝の山岡泰輔に票が入っていたこと。新人王では、阪神の大山悠輔が2位になったこと。それぞれすばらしいルーキーではあるが、正直、その賞に値する活躍はしておらず、野球ファンのマスコミ不信を、また大きくしてしまった次第だ。

 こういった現象は、毎年のように起きている“忖度”ではあるのだが、今年は同業者からも問題視する声が挙がっていたのが特徴的だった。

「活躍した選手より取材対象への愛。プロ野球MVP投票、“忖度”の度合い」(Number)

「甲子園から日本、世界を見る――新人王投票の偏愛問題」「がく然としたセ新人王投票結果 一生に1度、より正当な評価を」(ともにスポニチ)

 プロ意識の低い記者には、憤るというよりも情けなくなってしまうばかり。スポーツ紙の売り上げは右肩下がりというが、ファンからの信頼を失えば、その勢いはますます顕著になるはずだ。

 ただ、モノは考えよう。そんな情けない記者がいるからこそ、対称的に野球ファンから支持を集める投票企画もある。毎年恒例、フジテレビ系『スポーツLIFE HERO’S』による「プロ野球・100人分の1位」。そして今年初めて実施されたテレビ朝日系『報道ステーション』の「熱盛グランプリ」と「ザ・ゴールデングラブ熱盛」がそれだ。

「プロ野球100人分の1位」は、「パワーヒッター部門」「スピードボール部門」「走塁部門」「守備部門」「バットコントロール部門」「コントロール部門」「強肩部門」「変化球部門」の8部門について、今年一番すごかった選手は誰なのか、現役プロ野球選手100人にアンケート調査を行い、ランキング形式で紹介するというもの。フジテレビ夜のスポーツ枠の看板が『すぽると!』から変わっても受け継がれてきた名物企画だ。

 わかりやすい「数字」や「記録」以外で、プロは他選手をどう評価しているのか? どこに着目しているのか? というのが見えてきて興味深い上に、結果にはいつも納得。上述した「MVP」や「新人王」投票で疑問視する投票があった場合、「もう選手間投票にしてよ、メジャーではそうなんだから」という声が野球ファンから上がることが多いが、それを具現化したコーナーといえる。

 7年目の今年は、11月26日から12月3日まで『HERO’S』と『THE NEWSα』で8夜連続放送。もちろん、8部門いずれも面白かった。でも、だからこそ、「強肩部門」の番外編で、広陵高校・中村奨成を「甲子園優勝」と紹介してしまったテロップミスはいただけなかった(実際は準優勝)。選手たちから「この賞が欲しい」といわれ、ファンからも支持を集める信頼と実績のある企画だけに、来年は細かい部分ももう一段ブラッシュアップしていただきたい。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed