日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 熱血!”文化系”スポーツ部  > 野球の魅力を伝えた「100人分の1位」
熱血!スポーツ野郎

プロ野球の魅力伝えた「プロ野球100人分の1位」と、野球ファンの民度の高さ示した「熱盛グランプリ」の魅力

 一方の、報道ステーション「熱盛グランプリ」と「ザ・ゴールデングラブ熱盛」。今年から始まったスポーツコーナーの人気企画「きょうの熱盛」の年間総まとめ、ともいえるのが上記2つの展開だった。

 まず、ペナントレース終了後すぐに実施されたのが「熱盛グランプリ」で、12球団のファン各100人(合計1,200人)に聞いた「今年、最も熱かったシーン」を球団ごとに発表。また、先月30日のゴールデングラブ賞表彰式にぶつける形で放送された「ザ・ゴールデングラブ熱盛」は、ゴールデングラブ賞を受賞したセ・パの守備職人18人の中で、もっとも熱い守備をみせた守備No.1選手(=「ザ・ゴールデングラブ熱盛プレーヤー」)を、こちらもファン投票で決めようというもの。選手間投票の「プロ野球100人分の1位」と違って、徹底して“ファン投票”にこだわったのが報道ステーションだった。

 特に「ザ・ゴールデングラブ熱盛」を見ていて感じ入ったのが、ある特定球団のファンであっても自ら愛するチームには忖度せず、しっかりと他球団の選手の名を挙げる声が多かったことだ。これこそが野球ファンの民度の高さ。MVPと新人王投票で首を傾げたくなる票を投じた記者にこそ見てほしかった、素晴らしい企画だった。

 すでに7年の歴史を誇る「プロ野球100人分の1位」に対して、「熱盛」は今年始まったばかり。だが、放送では選手のほうからアツモリスト寺川綾キャスターに対して「生“熱盛”が欲しい」と要望する場面もあり、1年目にしてすっかり愛されるコーナーになっていたことがうかがえた。

 今後、毎年オフの恒例企画として実施してくれれば、選手間投票の「プロ野球100人分の1位」、ファン投票の「熱盛グランプリ&ザ・ゴールデングラブ熱盛」として、シーズンオフの楽しみ方が広がりを見せるのではないだろうか。それならば、記者投票も続けていいんじゃないと思えてくる。変な忖度はご勘弁だけれども。

最終更新:2017/12/08 21:00
12
こんな記事も読まれています

プロ野球の魅力伝えた「プロ野球100人分の1位」と、野球ファンの民度の高さ示した「熱盛グランプリ」の魅力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真