日刊サイゾー トップ > 芸能  > “浅野忠信の父”佐藤容疑者の割れる評判

シャブ逮捕“浅野忠信の父”佐藤幸久容疑者の割れる評判……「親しい女性知人が薬物逮捕」の怪情報も

浅野忠信

 俳優、浅野忠信の父親で、所属事務所「アノレ」の社長、佐藤幸久容疑者が、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されたが、その人物像はメディアによって異なっている。

 スポーツ報知では、現場によく顔を出す「腰の低い人」と報じられ、スポーツニッポンでは「温厚だけれど硬派な男」と伝えられたが、東京スポーツでは、夜中まで遊び回っている「かなりファンキーな人物」とされている。

 さらに、容疑者が独立する前の1990年代、俳優・石倉三郎のマネジャーを務めていたときに接したテレビ関係者は、「不思議に態度のデカい人だった」と話しているのだ。

「態度の大きな事務所スタッフというのもいますけど、その頃の石倉さんクラスの俳優のマネジャーでそういう人はあまりいなかったので、周囲もみんな『なんであんなに態度が大きいんだ』と言っていたんですよ」(同)

 昨年、69歳にして映画初主演した石倉は“名脇役”で知られる俳優。もとは大部屋俳優だったところ、80年代、レオナルド熊と「コント・レオナルド」でコメディアンとしてブレイク。古い仲のビートたけしに誘われ『風雲!たけし城』(TBS系)などのバラエティ番組にも出ていたが、次第に俳優業が主体になった。前出テレビ関係者の接した90年代前半は、石倉の俳優としての起用が増え始めた頃で、「まだその立場を確立する過程の時期」(同)だったという。

「それだけに、マネジャーが偉そうだったというのは異質なことでした。共演者が、当時人気絶頂の若い俳優、美人女優のほか、元アイドル俳優もいて、彼らがあくまで主役。石倉さんは彼らより先輩でも、視聴率に貢献できるタイプじゃなかったので、そういう立ち位置だと、俳優本人が現場で先輩格として気を使われていたら、その分スタッフは低姿勢であるべきなんです。それなのに佐藤さんは『俺の分のお茶が出てない!』とか『弁当が安っぽくてまずい!』とか、自分の待遇の不満を大声で言う始末で、ハッキリ言って評判悪かったですよ」(同)

 このとき、石倉を取材した古い芸能記者に聞いても、「確かに態度の大きなマネジャーだった」と同じ印象を口にしている。

「状況によってキャラがコロコロ変わるところがあったようなので、態度が大きかったり腰が低かったり、一方で陽気に遊んだりというのは、もしかすると全部真実で、本人が意図して使い分けていたのかもしれませんね。もっとも、薬物をやっていたのなら、その影響でおかしくなっていた可能性もありますけどね。だって、佐藤さんは酒をほとんど飲めない人だったはず。そんな人が夜、遊び歩いているって変ですよね」(同)


12
こんな記事も読まれています

シャブ逮捕“浅野忠信の父”佐藤幸久容疑者の割れる評判……「親しい女性知人が薬物逮捕」の怪情報ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

25歳素人童貞の果てなき風俗愛

 19歳で風俗初体験をして以来、7年間にわたってネットに風俗レポートをアップし続けて...
写真