日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > アメリカ白人のトホホすぎる武勇伝
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.458

本当にあった! アホでマヌケなアメリカ白人のトホホすぎる武勇伝『オレの獲物はビンラディン』

頭のイカれた米国人を演じさせたら、ピカイチなニコラス・ケイジ。ビンラディンを逮捕しちゃうぞ!

 9.11同時多発テロの主謀者であるオサマ・ビンラディンを捕まえるため、日本刀を持って単身パキスタンへ乗り込んだアメリカ白人がいた。まるで出来の悪いB級アクション映画のようだが、これ本当にあった実話。敬虔なキリスト教徒だった米国の一般市民ゲイリー・フォークナーは、「ビンラディンを生け捕りにしろ」という神の啓示を受け、合計7回もパキスタンに渡った挙げ句、パキスタン当局に身柄を拘束され、米国に送還されている。こんなアホでマヌケなアメリカ白人のお騒がせエピソードが、ニコラス・ケイジ主演作『オレの獲物はビンラディン』(原題『Army of One』)として映画化された。

 本作を映画化したのは『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』(06)や『ブルーノ』(09)といった過激な“やらせドキュメンタリー”を大ヒットさせたラリー・チャールズ監督。相変わらず、イカれたネタが大好きな米国人監督である。神を信じ、祖国アメリカを愛し、恋人とその家族を守るために、日本刀、手錠、暗視ゴーグルをパキスタンで持ち歩いていた変人ゲイリーを、チャールズ監督はどうしようもないバカだけど憎めない普遍的なアメリカ人像として描いてみせる。

 コロラド州在住のゲイリー(ニコラス・ケイジ)は元々は大工として働き、何度か刑務所のお世話になり、今は便利屋をやっている。町内で困った人がいれば手伝いに行くが、仕事がない日は昔からの仲間とバーでテレビを見ながらビールを呑み続ける生活を送っていた。ある日、ゲイリーは病院で人工透析を受けている間に、神さま(ラッセル・ブランド)からの啓示を受ける。9.11同時多発テロからすでに2年以上の歳月が流れていたが、ブッシュ政権は肝心のビンラディンを捕まえることができずにいる。「お前がパキスタンへ行って、生け捕りにしてこい」と神さまは命じる。神の啓示があれば、後は行動あるのみ。ゲイリーの約6年間に及ぶひとり十字軍がこうして始まった。

「えっ、機内に日本刀は持ち込めない?」。せっかく愛国心に燃えていたのに、空港で水を差されてしまう。

 プアホワイト層であるゲイリーは、どうやってパキスタンへ渡ったのか? まず、ゲイリーはヨットでパキスタンを目指す。自然の力で進むヨットなら、交通費がいらないから。ところがヨットはメキシコに漂着して、第一次ひとり十字軍は失敗に終わる。次はイスラエルに入国し、イスラエルの山からハングライダーに乗ってパキスタン入りを計画する。ハングライダーが墜落して、これも失敗。三度目の正直とばかりに、パキスタンの首都イスラマバードへ直行する航空便に搭乗するゲイリー。どうやって日本刀を持ち込んだのかは詳細不明。とにもかくにも、パキスタン入りを果たしたゲイリー。安宿に泊まっていたゲイリーはビンラディンを探す傍ら、持ち前の人見知りしない陽気な性格で地元の人たちと仲良くなり、パキスタン産のハッパを吸って超ハッピーに。「米国もいいが、パキスタンも素晴しい国だ」と異国での生活に溶け込んでいくゲイリーだった。

 アホでマヌケな主人公を、ニコラス・ケイジも裏表のない大らかな米国人として演じている。変人ではあるが、決してキチガイではない。50歳を過ぎているゲイリーには心から愛する恋人がいる。高校時代を一緒に過ごしたマーシ(ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ)だ。学生の頃は人気者だったマーシはその後男運には恵まれなかったが、今でも充分に魅力的。オーバードーズで死んだ妹のひとり娘リジー(チェノア・モリソン)は生まれつき障害を持っているが、マーシは養子として引き取り、愛情いっぱいに育てている。愛するマーシの家の玄関のスロープを無償で修理するゲイリー。マーシも破天荒で情熱的なゲイリーのことを優しく受け入れる。ゲイリーとマーシのラブロマンスは映画用の創作かと思いきや、実際にゲイリーは障害を持つ子を育てていた女性をすごく愛していたそうだ。


12
こんな記事も読まれています

本当にあった! アホでマヌケなアメリカ白人のトホホすぎる武勇伝『オレの獲物はビンラディン』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真