日刊サイゾー トップ > 海外  > 愛犬2匹はなぜ飼い主を噛み殺したか

2匹のピットブルは、なぜ飼い主を噛み殺したか──地元紙が伝えた“悲劇”の詳細

被害女性のステファンさんと彼女を噛んだ飼い犬(彼女のFacebookより)

 米バージニア州グーチランド郡の森の中で、22歳の女性が変わり果てた姿で発見された。警察の発表によると、彼女は家で飼っていた2匹のピットブルと散歩に出かけたところ、犬が彼女を襲って噛み殺したというのだ。

 飼い犬に手を噛まれるという言葉があるが、飼い主が愛犬2匹に命を奪われたという事実を受け入れられない人は多く、ネット上では「真犯人は別にいる」とする噂が広がっていた。

 そこで、捜査にあたった地元治安当局は、事件の生々しい詳細を公表した。

 被害女性のベサニー・リン・ステファンさん(22歳)は12月12日、2匹の飼い犬を連れ、散歩に出かけてから行方不明となっていた。その2日後、彼女の遺体は森の中で父親によって発見された。

 通報を受けて駆けつけた治安当局者は、そこで衝撃の光景を目の当たりにする。なんと彼女の飼い犬2匹が、彼女の胸郭あたりを貪り食っていたというのだ。

 彼女の遺体に複数の防御創があり、頭蓋骨に残された噛み跡が犬の歯型と一致したという。一方で、人間による暴行や刃物で刺されたり銃で撃たれた形跡は見られず、性的暴行を受けた可能性も認められなかったことから、警察は被害女性が2匹の犬に噛み殺されたと断定した。

 しかし、被害女性と2匹の犬が強い絆で結ばれていたことは、被害者の友人も証言している。それにもかかわらず、こうした悲劇が起きたのはなぜなのか。

 治安当局の調べによると、彼女を噛み殺した2匹はきょうだいだったという。また、うち1匹は、以前の飼い主に噛み付いたことがあることが判明しており、もともと粗暴性があった可能性が浮上している。

 また、捜査員のひとりは「事故当時、被害者は別の場所に移り住んでいて、飼い犬の世話を父親に任せていた。以前(彼女が一緒に住んでいた頃)は室内で飼われていたが、室外の犬小屋で飼われるようになり、被害者による週5回の訪問以外、人との交流も少なくなった」と、2匹の犬と人間の間に絆にヒビが入っていた可能性も指摘している。

 犬を良きパートナーと思っているのは、しょせん、人間のおごりなのかもしれない。

最終更新:2017/12/26 18:00
関連キーワード

2匹のピットブルは、なぜ飼い主を噛み殺したか──地元紙が伝えた“悲劇”の詳細のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真