日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 初回10%割れの『anone』挽回なるか

難解すぎる“坂元裕二ワールド” 「水10」で5年ぶりに初回10%割れの広瀬すず『anone』挽回なるか

 事実、ネット上では「ドラマはもっと軽く見たいのだが、濃すぎて、途中でチャンネルを替えてしまった」「ドラマのストーリーが複雑すぎて、よくわからない」「暗いドラマ、見ていて疲れた」「いつもの坂元脚本なら、初回から引きつけるものがあるけど、このドラマはどういう話かわからないまま終わってしまった」といった声が聞かれた。

 坂元氏の最近の作品は、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(16年/フジテレビ系/有村架純、高良健吾主演)、『カルテット』(17年/TBS系/松たか子主演)の2作。いずれも、固定視聴者からの評価は高かったが、平均視聴率は残念ながら1ケタ台に終わっている。

「坂元氏の作品は、作り込んでいて奥が深いのが特徴。従って、食い入るように見なければ、その作品のよさはわかりません。昨今コメディタッチなどのライト感覚なドラマが増えて、奥の深い作品は敬遠されがちです。初回を見る限り『anone』は作り込みすぎていて、ついていけなかった視聴者も多かったのでしょう。また、広瀬以外のメインキャストは田中、小林、阿部といった実力派ぞろいですが、いかんせんとても視聴率は期待できそうにない面々です。初回のラストシーンで登場した、ナゾの男役の瑛太も、そんなに数字を持っているとは思えません。キャスト的にも、視聴率至上主義でつくった作品ではないですね。あくまでも、『“坂元ワールド”がわかる人が見てくれれば』といったスタンスなのでは……」(テレビ誌関係者)

 とはいえ、3部作といわれる『Mother』は平均13.0%、『Woman』は13.6%を獲得しており、『anone』もなんとか2ケタ台に乗せたいところ。ここはもう、ドラマのアウトラインが見えるまで、視聴者に我慢して見続けてもらうことを願うしかなさそうだが……。
(文=田中七男)

最終更新:2018/01/17 14:00
12

難解すぎる“坂元裕二ワールド” 「水10」で5年ぶりに初回10%割れの広瀬すず『anone』挽回なるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

元アイルネ・原田珠々華が語る未来

 2018年2月24日、8人組アイドルグループ「アイドルネッサンス」が解散した。クオ...
写真