日刊サイゾー トップ > インタビュー  > “俳優”今野浩喜の現在地
ドラマ『カクホの女』今晩スタート!

「もう一度、トガり直したい」突然のコンビ解散から2年……“俳優”今野浩喜の現在地

この服装で来た。

 相方の不祥事による突然のコンビ解散から2年。かつて、コント日本一を決める『キングオブコント2010』(TBS系)を制した元キングオブコメディの今野浩喜は、俳優としての実績を着実に、そして飄々と積み重ねているように見える。

 昨年はドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)で、ゴールデンのレギュラーにも進出。お茶の間にも、その独特な風貌が広く浸透し、テレビ、映画、演劇などジャンルを問わず出演オファーが絶えない状況が続いているという。

 そんな今野浩喜に、“ほぼ専業”の俳優として生きる日々と、冷めやらぬお笑いへの思いを聞いた。(取材・文=編集部/撮影=関戸康平)

 * * *

──解散から丸2年、すこぶる順調に見えます。

今野浩喜(以下、今野) 順調に見えるじゃないですか。

──はい。

今野 私がね、今びっくりしているのが、2017年の夏にゴールデンのドラマでレギュラーをやったわけじゃないですか。

──そうですね、はい。

今野 ……生活水準が変わらないんですよ! 非常に不思議なんです、これが。

──あはは(笑)。それは、事務所批判、マネジャー批判ですか? それとも『僕やり』を制作した関西テレビに、何か思うところが……。

今野 いやいや(笑)。誰を批判しているわけでもなく、実際にそういうドラマに出て、思ったんですよ。あ、変わらない! って。もっと大金持ちに見えるじゃないですか、ああいうところに出ている人たちって。でも変わらないんでね。なんだろうな、意外と夢がない世界なんだなってことが、わかったような気がします、2017年は。

──やっぱり、もっとお金が欲しい。

今野 有名税という言葉があると思うんですけどね、そんなに払うほどもらってないからって。顔だけ出てしまった。割に合ってないと思いますよ。

──また、顔が目立ちますし。

今野 そうそう、そうなんです。

■お笑いとの“2足のわらじ”から“専業”へ

──長い間、お笑いと俳優業の“2足のわらじ”だったわけですが、それがほぼ専業の俳優になったことで、現場に入る心境に変化はありますか? お笑い芸人としてドラマの現場に行くときと、今と。

今野 今はもう慣れっこですけど、当初はやっぱり、本気度は変わりますよね。これでやらないと死んでしまうっていうのは思っていました。

──逆に、普段お笑い番組を見るときの心境はいかがでしょう。

今野 うーん、変わってるのかなぁ。例えば、賞レースとかを見て評価をするとき……誰しもが、評価をするじゃないですか。そういうときに、「言う立場じゃないんじゃない?」って、ふと思うことはありますね。

──これまでは、王者として見ていた?

今野 王者としてっていうわけじゃ……(笑)。子どものころ、『ものまね王座決定戦』(フジテレビ系)とかを見ていて、「(審査員に対して)まず、おまえがやってみろよ」と思っていたから、その立場にはなりたくないよねっていう。だから、あまり評価をしないようにしているかもしれません。

──では、その立場から見て、昨年の『キングオブコント2017』(TBS系)は、どうでしたか?

今野 グフッ!(せき込む)

──にゃんこスターとか。

今野 いや、まあ、なんでそんなことを聞くんだっていう……。ただ、年末にね、後輩とボウリングをやって、ストライクのたびに、にゃんこスターの踊りをやってみたら、すっごいアガるんですよ。いいと思います、あれ。

──マネしやすいですしね。簡単ですし。

今野 簡単って、私はそうは思わないけど。あれは、結果、簡単なものに見えるけど、ゼロから作っているというのは、やっぱりすごいことですからね。

──もちろんです。あと、最近では“相方不祥事芸人”というのが数多く出てきていますが、NON STYLEの石田明さんやインパルスの板倉俊之さんに対して思うところはありますか?

今野 いやいやいや……。あのー、石田さんにしても、極楽とんぼの加藤さんとか、相方さんをずっと待っていたわけじゃないですか。なので、いないときでもイジる笑いをしていいと思うんですけど、そこは、私と一緒にしないでほしいと思いますね……。

──まったく別だと。

今野 別です。待っているのをヨシとされると、私の立場が、いずらくなるので、世間には状況をちゃんと考えてほしいと。

──確かに「待ってない今野は冷たい」と思われるのは心外ですよね。

今野 そうです。それに、1回待ったことがある(07年に相方の活動休止で半年間ピン芸人として活動した)ということは、忘れないでほしい……。


12345
こんな記事も読まれています

「もう一度、トガり直したい」突然のコンビ解散から2年……“俳優”今野浩喜の現在地のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

 俳優が売れるか売れないかは、大きな事務所に所属しているかどうか次第。長い間、ずっと...
写真