日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジ新番組全滅で“民放最下位”

『世界の村のどエライさん』3.3%の衝撃! フジ新番組全滅で「どエライのは視聴率のほう」の声

『世界の村のどエライさん』3.3%の衝撃! フジ新番組全滅で「どエライのは視聴率のほう」の声の画像1
関西テレビ公式サイトより

 今月スタートしたフジテレビ系新番組が、軒並み大コケしている。

「他局の『99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II』(TBS系)や『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)が平均視聴率15%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を超える中、フジ系で放送中の連続ドラマは、芳根京子主演の月9『海月姫』とKAT-TUN・亀梨和也主演『FINAL CUT』が早くも6%台にまで落ち込み、深田恭子主演『隣の家族は青く見える』も初回7.0%と低調。前期と同様、今期も全滅状態と言えそう。大問題なのは、決してドラマがつまらないわけではないということ。いくら面白い番組を作っても、視聴者から見向きもされないフジは、末期的状況といえます」(テレビ誌記者)

 また、かつて『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が放送されていた月曜夜10時台の関西テレビ制作枠では、15日から俳優の山崎育三郎やお笑いコンビ・千鳥が司会を務める『世界の村のどエライさん』がスタート。世界の過酷な環境に住む村人に密着し、その土地の“幸せ”を支える“どエライさん”を紹介する海外ロケバラエティというが、初回から4.1%と打ち切り圏内。さらに、22日の2回目の放送では、3.3%にまで落ち込んでしまった。

「内容は“海外ロケを行い、スタジオのタレントたちが賑やかす”というよくあるフォーマット。しかし、約1時間の放送で1つの村しか紹介しない点や、現地を訪れるタレントが、同局『テラスハウス』の菅谷哲也やモデルのベックなど、かなり微妙な人選。VTRが中途半端に感動路線を狙っているのも、視聴者の食いつきが悪い一因では?」(同)

 ネット上では、早くも「どエライのは視聴率のほう」と揶揄されている同番組。視聴率低迷により1年で終了した前番組『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』に対しても、「ズレてるのは番組の内容」と揶揄する声が相次いでいたが、当然ながら、制作サイドは番組が失敗したときのことを全く想定していないのだろう。

「昨年11月にスタートした古舘伊知郎司会のバラエティ『モノシリーのとっておき』(金曜、夜7時~)も4~5%台で、打ち切りは時間の問題。なお、2017年4~9月期の営業利益は、民放キー局でフジだけが営業赤字。昨夏から新体制となり、大規模改編をアピールしているフジですが、むしろ悪化する一方です」(同)

 28日からは、日曜ゴールデン帯の激戦区でスポーツバラエティ番組『ジャンクSPORTS』をスタートさせるフジ。司会のダウンタウン・浜田雅功は、初回収録後の会見で「数字取れるんですか?」と弱気な発言をしていたが、その不安は的中してしまうのだろうか?

最終更新:2018/01/23 19:30

『世界の村のどエライさん』3.3%の衝撃! フジ新番組全滅で「どエライのは視聴率のほう」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

ダンサー君島かれんの野望

 グラマラスなボディを武器に、全国各地のクラブのステージで扇情的に踊ってきた川崎市出...
写真