日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 野性爆弾くっきーは「完璧な人格者」

業界最注目! 野性爆弾・くっきーは「完璧な人格者」テレビ界での大ブレークはあるのか?

テレビ東京系『MASKMEN』番組公式サイトより

 今、バラエティー番組のスタッフからもっとも熱い視線を受けている芸人が、野性爆弾・くっきーだ。

『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)や『ネタパレ』(同)、『ゴッドタン』(テレビ東京系)、『キングちゃん』(同)といった地上波のバラエティー番組に出演し、強烈な個性を振りまいているほか、Amazonプライム・ビデオの『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』でも活躍。同じくAmazonプライム・ビデオでは野性爆弾としての冠番組『野性爆弾のザ・ワールド チャネリング』も好評だ。

 さらには、1月から始まったテレビ東京系ドキュメンタリードラマ『MASKMEN』では、ピン芸人「人印」(ピットイン)として活動する俳優・斎藤工をプロデュース。作品の軸として起用されている。

「あまりにもクレイジーな芸風でありながら、なぜかキャッチーなその笑いに、業界はずっと前から注目していました。徐々に露出を増やしてきて、ここ2年くらいでやっとくっきーのキャラクターが浸透してきたという感じだと思います。状況的にはこのまま大ブレークとなってもおかしくないでしょう」(テレビ局関係者)

 ときに暴力的なキャラクターとなることも多いくっきーだが、その素顔は至ってマジメだという。

「先輩に対しては礼儀正しいし、後輩にもすごく優しい。吉本の社員や劇場のスタッフにも好かれていて、完璧な人格者。本当に非の打ち所はないと思いますね。自分からアピールしなくても、周りの人が仕事をくれるような芸人さんです」(放送作家)

 しかし、だからといって、くっきーがバラエティー番組のひな壇に出まくるような展開にはなりにくいだろうとの声もある。

「くっきーさんは芸術家肌で、自分がやりたいお笑いというものが確立している。もちろんひな壇でもうまく立ち回れるんですが、“自分らしいお笑い”にこそ時間を使いたいようで、多少仕事を選んでいる部分はあると思います」(同)

 くっきーは、自身がデザインしたキャップなどをグッズ化して販売しているが、いずれも即完売。ネットオークションなどではプレミア価格で取引されるなど、大人気となっている。

「グッズ販売の収入もあってか、お金には困っていないようですね。生活が苦しかったらまた違ったのでしょうが、金銭的にも余裕があって好きなお笑いができる今の状況が本人は快適なのかもしれません」(同)

 どうやら、今すぐセルアウトするようなことはなく、これからも自由な笑いを追求することとなりそうだ。

最終更新:2018/01/29 12:00
こんな記事も読まれています

業界最注目! 野性爆弾・くっきーは「完璧な人格者」テレビ界での大ブレークはあるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

ブレーク前夜!宮下草薙に聞く

 ハナコが「キングオブコント王者」に輝き、霜降り明星が「M-1」を制し……お笑い界を...
写真