日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > “ネット写真解禁”の裏で「媒体締め出し」

ジャニーズ“ネット写真解禁”の裏で「媒体締め出し」の異常事態!? 伝わってくる混乱ぶり

錦戸亮

 ジャニーズ事務所が長年禁止していたWEBでの所属タレントの写真掲載が、1月31日の関ジャ二∞・錦戸亮が登壇した会見から突如解禁。芸能記者たちがこぞって色めき立つなど、日本の芸能史が変わった1日となった。

 しかし、その舞台裏では写真が解禁になったことにより、取材から“締め出し”を食った媒体が続出していたのだという。

「今回、ネット写真解禁となった現場は、錦戸の主演映画『羊の木』の会見でした。ですが、この会見に呼ばれたのは大手マスコミばかり。これまで同作のイベントに、錦戸の写真が使えなくてもコツコツと足を運んだりして告知してきた小さい媒体には、会見があることすら知らされなかった。その上、あとで映画の宣伝担当者に抗議したところ、詳しい事情説明もなく『媒体を絞った』の一点張りだったらしいですよ。この対応に肩を落とし“泣き寝入り”する媒体関係者が続出といった状況のようですね」(ワイドショー関係者)

 とはいえ、今回の解禁にあたっては、ジャニーズ側がかなり敏感になっているという。

「『羊の木』に関しては、ジャニーズ側も慎重に対応しており、2月3日の初日舞台挨拶も同じような方針になったそうです。“解禁”といいながら、錦戸がいるために取材ができない媒体もあり、作品の宣伝よりも“ジャニーズルール”が先行した形になってしまったようですね」(同)

 一方、ジャニーズ事務所を退社した元・SMAPの香取慎吾などは、退社後初となるイベントでそれまでNGだった媒体の取材も受けるなど、対照的な対応をみせている。とはいえ、これだけ厳しい体制になっているのは『羊の木』だけともいわれる。

「『羊の木』以外で、別のジャニタレが出演するイベントの取材案内などがメディア向けにまかれていますが、そちらはWEB写真が解禁される以前と特に変わらず、これまで通りの対応といったようですよ」(同)

 今後、とりあえずはジャニタレの写真をWEB上で見る機会も増えそうだが、ジャニーズの舵取りが安定するまでは時間がかかるだろう。

最終更新:2018/02/07 14:26
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真