日刊サイゾー トップ > 芸能  > ジェジュンが大手芸能プロに突撃!?

JYJ・ジェジュンが、大手芸能プロの新年会にアポなし突撃!?「日本復帰を見据えて……」

『JYJ キム・ジェジュン 2017 KIM JAE JOONG ASIA TOUR “THE REBIRTH OF J”公演実況 DVD』(Cjes Entertainment)

 東方神起の分裂から7年……。JYJのジェジュンが日本での活動再開を宣言したという。

 1日、東京で初めてのファンクラブイベントを開催。ジェジュンは「長い間応援してくれたファンの方々に感謝する気持ちを込めて企画しました」と明かし、「日本での本格的な活動再開は8~9年ぶりだと思います。年を取り、周りの環境が変わって新しい気分です。ちょっと不思議な気分です」と心境を伝えた。

 9日から開幕する平昌冬季五輪の期間中は日本に滞在し、仕事を行うという。ファンにとっては喜ばしい限りだが、ジェジュンの置かれている立場は厳しい。かつての所属レコード会社・エイベックスは、いまだにJYJの日本での活動をよしとせず、他事務所にはジェジュンらのマネジメントは行わないよう要請してきた。

「数年前にJYJをマネジメントしようと大手芸能プロの『ケイダッシュ』が名乗りを上げましたが、エイベックスの松浦勝人社長の猛反対にあって、実現には至りませんでした」(業界関係者)

 一度はそこで“ボツ交渉”となったはずだったが、ジェジュンは“金になる”日本での活動を諦めていない。朝刊スポーツ紙記者によると「先月下旬に行われた恒例のケイダッシュ新年会に、ジェジュンがアポなしで押しかけた」という。

 ジェジュンは、同事務所のK会長に直接会い「よろしくお願いします」と頭を下げたようだが、突然の訪問にK会長は困惑気味。会場にはマスコミ関係者も多く来場しており、余計な憶測を呼ぶことにもなるため「早々にジェジュンを帰らせた」(同)という。

「なんだかんだありながら、現在もK会長とジェジュンは連絡を取り合っている。エイベックスとの関係がどうなのかはわからないが、豪腕で知られる会長だけに何らかの形でJYJに絡むことになりそうだ」(週刊誌デスク)

 金欠と言われるジェジュンにとっても、最後の頼み綱のようだ。

最終更新:2018/02/08 12:00
こんな記事も読まれています

JYJ・ジェジュンが、大手芸能プロの新年会にアポなし突撃!?「日本復帰を見据えて……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真