日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 石原さとみがブラック労働にメス!

会社とはなんだ人生とはなんだ……『アンナチュラル』石原さとみがブラック労働にメスを切り込む!

TBS系『アンナチュラル』番組サイトより

 石原さとみが法医解剖医役を演じるドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の第4話が2日に放送され、平均視聴率11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回よりも0.8ポイントアップとなりました。

 今回の依頼主は、三澄ミコト(石原さとみ)の養母・夏代(薬師丸ひろ子)。主に労働問題を扱う弁護士活動をしている夏代は、バイク事故で亡くなった佐野祐斗(坪倉由幸)の妻・可奈子(戸田菜穂)からの弁護依頼で、佐野の“本当の死因”および責任の所在を追及し、損害賠償請求訴訟を起こそうというのです。

 警察の調査記録によれば、佐野は原付バイク走行中に単独でガードレールに衝突し、クモ膜下出血によって死亡。自損事故として処理されました。しかし、死因は他にあるのだと可奈子が疑う点が3つあります。

 その1つは、事故当時、佐野の勤務するロールケーキ工場が繁忙期を迎え、長時間労働が続いていたこと。つまり過労死の疑い。もう1つは、事故直前にバイクを修理に出していたため、整備ミスの可能性。最後の1つは、クモ膜下出血の兆候があったものの、かかりつけの医師が見落としていたのではないかというものです。

 以上のことに留意してミコトが解剖したところ、佐野の死因は外傷性椎骨動脈かい離であることが判明。椎骨とは、うなじのあたりの骨のことなのですが、外傷性ということで単純に考えれば過労死と医療診断ミスの疑いは消えたことになります。しかし、動脈の損傷は事故の1カ月ほど前のものということもわかったため、謎が深まってしまいます。

 ミコトの推測では、佐野は1カ月ほど前になんらかの事故を起こし、それが原因で動脈が首の皮一枚でつながったような状態になってしまった。そして、事故死する直前、動脈が分断したため意識を失い、そのままガードレールに衝突してしまったのではないか。可奈子にその考えを伝えると、やはり佐野は1カ月ほど前にもバイク事故を起こし、体中に傷を負って帰宅したことが判明します。

 さらに調査を進めると、負傷したその日、佐野は、社長(渋江譲二)のホームパーティーに自社のケーキを届けるよう命じられていたことが発覚。この時に起こした事故であれば、労災扱いになる。それを証明するため、ミコトは事故現場の特定を急ぎます。そして、バイクの損傷部分に事故現場を特定する成分が残っているのではないかと気づき、調べてみることに。すると、バイクにはカラフルな傷があり、どうやら佐野はマンホールの上で転倒したらしいことが判明。しかし、そのマンホールは2,000個あることもわかり、途方に暮れてしまいます。

 一方、佐野の上司で工場長の松永(春海四方)は、売り上げ第一主義で従業員のことなどまったく顧みない社長に反旗を翻し、生産ラインをストップ。従業員を従え、ミコトたちのマンホール探しに加わります。

 その結果、傷がついたマンホールが無事見つかり、その近辺のマンションの防犯カメラで佐野の事故を確認。それは紛れもなく、社長のパーティーにロールケーキを届けに行った当日のことだったのです。これにより、佐野の労災が証明されることになり、今回は終了となりました。

 企業のブラック体質が社会問題となり、働き方改革という言葉が飛び交うようになった昨今。今回はそんな世相を反映し、バイク事故を背景にして“働くとはなんぞや?”がテーマの回となりました。


12
こんな記事も読まれています

会社とはなんだ人生とはなんだ……『アンナチュラル』石原さとみがブラック労働にメスを切り込む!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

ゆるふわ系殺し屋マンガ2選

『ゴルゴ13』『シティーハンター』『クライン...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...
写真