日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > ホテル閉鎖で、最強媚薬に会えない?

北朝鮮経営のホテル閉鎖で、最強媚薬“セックス・トニック”とも、もう会えない……?

かなりデカい七宝山ホテル

 平昌冬季五輪に芸術団や選手団を派遣して、平和ムードを演出する北朝鮮。親北の文在寅政権から援助を引き出そうとする下心がミエミエだが、その背景には国連制裁による外貨稼ぎの分断が深刻なダメージを与えている現実があるようだ。中国・瀋陽で北の企業が経営していたホテルも1月初めに閉鎖となり、併設の売店で販売されていた伝説の媚薬も今や入手困難となってしまった。

 閉鎖した北朝鮮資本のホテルは、朝鮮族の多い中国東北部・瀋陽市にある「七宝山(チルボサン)ホテル」。2000年に北朝鮮が約22億円を投じて建設した14階建て。シティホテルっぽい近代的な客室、朝鮮式の婚礼もできる宴会場、美女軍団が給仕するレストランといった設備があるほか、北朝鮮のフラッグキャリア「高麗航空」の瀋陽支店や旅行会社、正体不明の北朝鮮企業のオフィスも入っていた。

 北系といってもネットの宿泊サイトで普通に予約が可能で、ツインは1泊5,000~8,000円ほどと中国のホテル相場からは少し高いが、北朝鮮から来た人たちのほか、外国人も普通に宿泊していた。

 特に、部屋のテレビでは朝鮮中央テレビの視聴が可能だったり、ロビーには朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」があったり、フロントの女性も美女軍団だったりと、その手の趣味がある人には至れり尽くせり。20万円以上という高額の旅費を払って訪朝せずとも、北朝鮮特有の微妙な緊張感を味わえるという、世界的にも希有な空間を楽しもうと、北朝鮮マニアならば一度は宿泊したことのある登竜門的な存在だった。

 だが、国連制裁を受けて中国商務省が北朝鮮企業を1月9日までに閉鎖するようお達しを出した結果、中朝合弁という経営形態だった七宝山ホテルは営業継続を断念し、完全撤退してしまった。

 特に惜しまれるのが、1階ロビーにあった北朝鮮グッズの売店だ。

 朝鮮人参をはじめ、漢方由来の生薬が名産の北朝鮮では、古くから精力剤の製薬が活発だった。2000年代に入って中国でのマーケット拡大を狙い、大胆な媚薬を次々と発売していった。数ある北朝鮮媚薬の中でも、一番過激だったのが、件の売店に堂々と置いてあった「セックス・トニック」(朝鮮語・強精補養酒)だ。酒に媚薬を溶かすのは、昭和から続く、やりチンの常套手段だが、この商品はひと味違う。酒自体が媚薬なのだ。

これが「強精補養酒」=セックス・トニック
客室も申し分ない
高麗航空の支店もあった
七宝山ホテルの食堂は美女軍団が給仕する

 七宝山ホテル売店のショーウィンドーで発見し、即買いすればよかったが、なぜかこの時、買わずに写真だけ撮影して帰った。しかし、もうホテルは復活しそうにない。「セックス・トニック」、もう会えないかもしれない。
(文・写真=金正太郎)

最終更新:2018/02/09 14:00
関連キーワード

北朝鮮経営のホテル閉鎖で、最強媚薬“セックス・トニック”とも、もう会えない……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

末吉9太郎が語る自粛中のオタク

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真