日刊サイゾー トップ > 芸能  > 実は“芸名”だった若手俳優たち

竹内涼真、福士蒼汰、菅田将暉……本名よりもカッコいい!? 実は“芸名”だった若手俳優たち

福士蒼汰公式ホームページより

  芸能界でブレイクするためには、名前はとても大切なもの。それゆえ、イメージに合う芸名をつけ、大成している若手俳優も多い。

 まずは「2017年下半期ブレイク俳優」第1位(オリコン調べ)に選ばれた竹内涼真。“涼”という漢字が涼しげで爽やかな本人のイメージにピッタリだが、実は彼の本名は竹内崚(たけうちりょう)。本名の漢字を変え、一文字付け足す味付けをしている。

「彼は5歳の頃からサッカー漬けの日々を送っており、高校時代には東京ヴェルディのユースチームに所属するほどの選手でした。サッカー推薦で立正大学に入学したものの、その後挫折。しかし持ち前のルックスにより19歳の時に約2,500人の中からファッション誌『mina』(主婦の友社)の専属モデルオーディションでグランプリを獲っています。この受賞時にはまだ竹内崚でしたので、これ以降に現在の芸名である竹内涼真で芸能活動を行うようになったようです」(芸能記者)

 また、3歳年上の美女タレント・MISATOとの熱愛で話題の福士蒼汰も、また芸名だ。彼の本名は非公開だが、素人時代に出ていたヘアカタログでの記載名が「福士翔大(ふくししょうた)」となっており、こちらが本名の可能性が高い。

「福士さんは研音所属ですが、当時は、同じ事務所の先輩に松田翔太さんがいたので名前を変えたと言われています。でも“蒼汰”という漢字のほうがイメージに合っていて、結果オーライですよね」(芸能事務所勤務)

 そして、現在若手俳優の中で一、二を争う売れっ子である菅田将暉も、また芸名だ。彼の本名は菅生大将(すごうたいしょう)。彼が本名を使わないのは、身内の仕事に関係があるという。

「菅田さんの父親は、関西では有名な放送ジャーナリストであり、また経営コンサルタントとしても活動している菅生新さんです。事務所的に父親の色を消したいという考えもあったのと、大将という名前はイケメン俳優として売っていくには少々不向きな名前だとの考えがあったと聞いています」(テレビ局勤務)

 現在は音楽活動のほうにも力を入れている菅田。確かに大将よりは将暉のほうがクールなイメージなのは間違いない。そう考えると、芸名というのは印象を大いに左右する大事なものだということがよくわかる!?

最終更新:2018/02/18 17:00
こんな記事も読まれています

竹内涼真、福士蒼汰、菅田将暉……本名よりもカッコいい!? 実は“芸名”だった若手俳優たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

ほどほどYouTuberに聞く

「歩くたびにおっぱいが大きくなる靴」「社会人のための会社を休む理由をランダムで生成す...
写真