日刊サイゾー トップ > 芸能  > 香取慎吾の会見での発言に非難

“中尾彬化”香取慎吾の二重顎にショック!? 映画『クソ野郎と~』会見の発言に非難轟々

中尾彬化香取慎吾の二重顎にショック!? 映画『クソ野郎と~』会見の発言に非難轟々の画像1
香取慎吾

 元SMAP・香取慎吾の“中尾彬化”が話題だ。

 香取は17日、4部構成のオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)の撮影現場で会見を行い、マスコミに対応。同作で香取は、短編『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』に本人役で主演。劇中では、アーティスト・香取が歌を食べて生きる少女「歌喰い」に歌を奪われてしまうという。

 この日、記者から「もし、自身が歌を奪われたら?」との質問がぶつけられると、「最近も同じような感覚があった」と意味深にポツリ。歌について「しばらく歌ってないな」「昨年11月に(AbemaTV『72時間ホンネテレビ』で)歌ったけど、あのときは必死。最近、気持ちよく歌ったことはない」と語り、「歌いたい」と本音を漏らした。

 香取といえば、『72時間ホンネテレビ』のフィナーレで、共に独立した稲垣吾郎、草なぎ剛と共に選曲した72曲をメドレー形式で披露。歌唱前、メンバーは「僕ら曲が無いんで、アーティストの皆さんの曲をお借りして、心を込めて歌いたい」と、SMAP時代の楽曲が歌えないことを前置きしていた。

「香取は、ジャニーズ事務所からの独立を他のメンバーに促した張本人とも言われているだけに、ネット上では『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』や、今回の香取の発言に対し『自分から事務所やめたくせに、被害者ぶるのやめてよ』『奪われたんじゃなくて、捨てたんじゃん』『ファンからSMAPの曲を奪ったのは自分』と批判も。なお、実際は、メディアでジャニーズ時代の楽曲を歌っても法的には問題はないとの見方も。おそらく、歌わないのは『新しい地図』側の判断でしょう」(芸能記者)

 また、この取材時の香取の容姿に対し、「太った」「二重顎!」「首のシワが……」「ブルドックみたい」といった指摘も相次いでいる。

「この日の香取は、太ったのか、はたまた老化なのか、顔から首にかけての肉がたるみ、まるで俳優の中尾彬のようだった。これまでも太ったり痩せたりを繰り返してきた香取ですが、ここまで老化を感じたのは今回が初めてでしたね。元SMAPメンバーの老化といえば、最近は木村拓哉の雑誌グラビアとテレビ出演時が『別人すぎる』と話題に。実際、雑誌掲載時は顔中のシワを修整しており、もはや絵画の域。元メンバー全員が40代という年齢を考えれば当然ですが、香取は子どものような発言も目立つだけに、どうしてもイメージとの乖離が気になってしまいます」(同)

 今月14日には、「僕は心を開かないビジネスアイドルじゃない 心を開かないパーフェクトビジネスアイドルだ!!!!!」とツイートしていた香取。“パーフェクトビジネスアイドル”も、年齢には勝てないということだろうか?

最終更新:2018/02/19 16:00

“中尾彬化”香取慎吾の二重顎にショック!? 映画『クソ野郎と~』会見の発言に非難轟々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真