日刊サイゾー トップ > 芸能  > TBSが問題シーンカットし炎上

TBS『ひるおび!』が北朝鮮選手の妨害行為を全カットして大炎上! 一方、加藤浩次は「なんだコイツ」と怒り

TBS『ひるおび!』が北朝鮮選手の妨害行為を全カットして大炎上! 一方、加藤浩次は「なんだコイツ」と怒りの画像1
TBS『ひるおび!』公式サイトより

 恵俊彰がメインキャスターを務めるワイドショー『ひるおび!』(TBS系)の公式Twitterが炎上している。

 21日の放送では、前日に行われた平昌五輪・男子500mショートトラックの映像を中心に、北朝鮮が送り込んだ“美女応援団”を特集。同競技中、北朝鮮のチョン・グァンボム選手が転倒し、日本人選手のスケート靴のブレードをつかんで転倒させようとするシーンが見られたが、『ひるおび!』はなぜか、この不正行為が“なかったか”のように編集し、放送した。

 なお、映像がスタジオに切り替わってからも、妨害行為についての説明はなし。八代英輝弁護士がコメント中、付け加えるように「他の選手の妨害をしたり、2度も転倒したり、ちょっと酷い」「フェアプレイからかけ離れたような、汚いやり口」と北朝鮮選手を非難する一幕はあったものの、この話題がこれ以上、広げられることはなかった。

 この放送内容に対し、ネット上では批判的なコメントが殺到。『ひるおび!』公式Twitter宛てには、「よくこんな編集できますよね」「ちゃんと報道する気ないなら流さないで欲しい」「偏向報道お疲れ様です」「悪質ですね」といった声が寄せられている。

「『ひるおび!』といえば、これまでも握手シーンを不自然にカットし、川井重勇議長(当時)が小池百合子都知事の握手を拒んだと報じるなど(後に訂正)、強引な編集が問題視されてきた。また、主に安倍政権に関するニュースに偏向が見られるとして、昨年9月に約500人が参加する抗議デモが行われたことも。5年連続で同時間帯の年間平均視聴率で首位を獲得している『ひるおび!』ですが、『信用できない』という視聴者の声は日に日に増しており、最近は裏番組の『バイキング』(フジテレビ系)に数字で追いつかれる日も出てきました」(芸能記者)

 なお、21日のワイドショー『スッキリ!』(日本テレビ系)では、北朝鮮選手の2度に渡る妨害行為を取り上げ、司会の加藤浩次が「なんだコイツ」と怒りを露わにしていた。

 国内外で問題となっている北朝鮮選手による妨害シーンをばっさりカットした『ひるおび!』。美女応援団をフィーチャーしたかった結果だろうが、視聴者が抱いた違和感は当然ともいえそうだ。

最終更新:2018/02/23 09:46
こんな記事も読まれています

TBS『ひるおび!』が北朝鮮選手の妨害行為を全カットして大炎上! 一方、加藤浩次は「なんだコイツ」と怒りのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真