日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能事務所が“ワンナイトラブ”容認?

菅田将暉&菜々緒も!? 不倫はNGだけど、ワンナイトラブならOK……「タレント同士ならリスク低い」と事務所も推奨か

 2月22日発売の「女性セブン」3月8日号(小学館)に、菅田将暉(25)が菜々緒(29)の自宅マンションにお泊まりする様子が報じられた。記事によると、2人は都内の焼き鳥店で食事をした後、タクシーで菜々緒のマンションに移動。菅田がそのマンションから出てきたのは13時間後だったという。

「2人は付き合っているとか、恋人だとか、そういう関係ではないようで、あくまでも“友達”だそうです」(芸能関係者)

 友人であれば13時間マンションで過ごしてもおかしくはないが、これまで数々の浮名を流してきた2人となると、何かあったのではないかと想像してしまう。

「まあワンナイトラブってやつでしょうね。菅田も所属事務所にはそう説明しているみたいですよ」(同)

 昨今では、発覚すると大炎上してしまうタレントの不倫については目を光らせている各芸能事務所だが、その一方でワンナイトラブについては寛容だという。

「若い女性アイドルなんかの場合はワンナイトラブも完全NGですが、ある程度年齢がいったタレントであれば、ワンナイトラブで事務所から怒られたなんてことは、ほとんどないですね。菅田と菜々緒のケースであれば、共に今をときめく美男美女。この2人が絡んでいるだけで、お互いの価値が高まるし、華やかなイメージも演出できる。事務所としては、撮られてむしろ喜んでいるんじゃないでしょうか」(ワイドショー関係者)

 芸能事務所の「ワンナイトラブ容認」の傾向は、どんどん強まっているという。

「不倫については、リスクが大きすぎるということで、重いペナルティーを科す事務所も多い。不倫が発覚したら一発で解雇というケースもある。かといって、タレントの恋愛を制限することも無理なわけで、ガス抜き的な意味でワンナイトラブは必要なんですよ。しかも、相手が芸能人であれば、週刊誌にネタや写真を売るようなこともないので安心ですからね。ヤバい素人につかまるくらいなら、共演者とでも遊んでいてくれ……というのが事務所の本音でしょう」(同)

 これからは、大物タレント同士のワンナイトラブがはやるかもしれない。

最終更新:2018/02/26 10:00
関連キーワード

菅田将暉&菜々緒も!? 不倫はNGだけど、ワンナイトラブならOK……「タレント同士ならリスク低い」と事務所も推奨かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真