日刊サイゾー トップ > 芸能  > 朝青龍“侮辱だ”と批判もブーメラン!

朝青龍が「侮辱だ!」とコロコロコミックを批判するも、現役時代の“侮辱行為”が掘り起こされ非難轟々!

朝青龍公式Twitter(@Asashoryu)より

 大相撲の第68代横綱で、引退後の現在は実業家、タレント、コメンテーターなどマルチに活躍している朝青龍。現役時代はモンゴル出身力士として人気を博し、モンゴル国レスリング協会会長も務めるなど、“モンゴル愛”に溢れている彼。そんな彼が「モンゴルを侮辱された」と怒りを露にし、話題となっている。

 発端となったのは、小学館が発行している小学生向けマンガ雑誌「コロコロコミック」の3月号。その中で掲載されているギャグマンガ『やりすぎ!!! イタズラくん』の中で、チンギス・ハンの写真と名前を見てテストに回答するという場面があるのだが、登場キャラクターが「モンゴル国の皇帝 チ( )・( )ン という空欄を埋める問題に「男性器」の答えを記入。さらにチンギス・ハンの自画像の額に男性器の落書きをしていた。

 “小学生向けマンガ”ということで、よくある“教科書にいたずら描きした”程度の内容なのだが、これに朝青龍は大激怒。問題の1コマを撮影した画像と共に「なー言いとけどなー‼️ 先祖バカにするお前ら‼ 品格がない日本人‼ 許せない‼謝れ‼謝れ‼謝れ‼どこのゴミの会社⁉」(原文ママ)とTwitterに投稿し、さらに、「よっぽど中国人がましや!!! あれ得ない!! 悲し涙!! 大好きな日本人がこんな風に!!」「我が国東アジアで一番の平和である国!! 日本国まりに日本と平和国ありますか? てきばっかりの国々!! なぜこんな事おかした?」(共に原文ママ)と立て続けに投稿したのだ。

 ギャグマンガのセンスが、“愛国心”の強い朝青龍には理解し難かったよう。しかし、この朝青龍の態度に、ネットでは「よく言うよ!」という批判の声が続々上がっているそうだ。芸能記者は、こう語る。

「現役時代にスポーツ紙の韓国人記者からのインタビューの際、冷静かつ穏やかに説明し続けた記者に対し、『このキムチ野郎!』と発言したと『週刊新潮』(新潮社)で報じられたことがあります。これは当時、相撲協会でも大問題となり、テレビのニュースでも放送されました。そのため、これを覚えていた人からは、『お前だって侮辱したことあるくせになに言ってんの!?』という声が上がっているようです」

 朝青龍が激怒するのもわかるが、今回ばかりは盛大な“ブーメラン”となってしまったようだ。

 

最終更新:2018/02/23 23:30

朝青龍が「侮辱だ!」とコロコロコミックを批判するも、現役時代の“侮辱行為”が掘り起こされ非難轟々!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真