日刊サイゾー トップ > 芸能  > ファン激減必至の高橋一生の後釜は?

高橋一生、15歳年下女優との熱愛で女性ファン激減必至! 後釜狙うアラフォー俳優界隈が騒がしくなる

「TVガイドPERSON VOL.66」(東京ニュース通信社)

 2月27日発売の「FLASH」(光文社)で、15歳年下の女優・森川葵(22)との“合鍵熱愛”が報じられた高橋一生(37)。業界内ではそのイメージダウンを心配する声が相次いでいる。

「女性からの支持率が高い高橋にとって、15歳年下共演者との熱愛発覚はかなりの痛手でしょう。特に彼の場合、アラサーを超える女性ファンが多く、『結局若い女が好きなのか』と、離れていってしまう可能性も高いはず」(女性週刊誌記者)

 さわやかでミステリアスな俳優というイメージの高橋だが、ブレーク前は“有名女優との熱愛相手”としてマスコミに登場することが多かった。

「尾野真千子や田中麗奈との熱愛が過去に報じられています。週刊誌界隈では、“有名女優キラー”というイメージが強かったですね。芸能記者から見れば、今回の熱愛も特に驚くようなものではないですが、相手が15歳も年下となると、ちょっと微妙ですね」(前出記者)

 熱愛発覚によってファンの減少が避けられなさそうな高橋。一方で、これをチャンスと見る人々もいるようだ。テレビ雑誌ライターはこう話す。

「今の高橋一生のファンは、古くからのファンというわけでなく、『シン・ゴジラ』(16年)あたりで話題になってから食いついたライトな層がほとんどです。つまり、ブームに流されるタイプの女性が多く、ほかに旬なアラフォーイケメン俳優がいれば、すぐにそっちに流れていくでしょう。テレビ局や芸能事務所もそのあたりをしっかり把握しているはずなので、これからは“ポスト高橋一生”となるアラフォー俳優のメディア露出が増えそうですね」

 では、高橋の後にブレークしそうなアラフォー俳優は、誰なのか。

「TBS系『アンナチュラル』での演技が好評な井浦新(43)や、10月期の朝ドラ『まんぷく』への出演が決まった長谷川博己(40)あたりは、すでに人気もありますが、高橋のファンをかっさらう可能性は高い。渋いところでは、映画『犬猿』のワイルドな演技が話題の新井浩文(39)などのブレークもありそう。あるいは、ムロツヨシ(42)が主役級に押し上げられるなんてこともあるかもしれませんね」(前出テレビ誌ライター)

 今回の高橋のスキャンダルによって、アフラフォー俳優勢力図も大きく変わりそうだ。

最終更新:2018/02/28 20:00
こんな記事も読まれています

高橋一生、15歳年下女優との熱愛で女性ファン激減必至! 後釜狙うアラフォー俳優界隈が騒がしくなるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

 数年間に及ぶ殺害予告を始めとした“ネット炎上”に巻き込まれるも、自ら公に立って情報...
写真