日刊サイゾー トップ > 芸能  > ニャン2疑惑アイドルが電撃引退

元アイドリング!!!・橋本楓が電撃引退! 財木琢磨ファンから批判「逃げるのか」「こんな人が保育者とか」

元アイドリング!!!・橋本楓が電撃引退! 財木琢磨ファンから批判「逃げるのか」「こんな人が保育者とか」の画像1
橋本楓

 元アイドリング!!!の橋本楓(21)が26日、自身のブログで「いきなりのご報告となりますが、私、橋本楓は、2月末日をもちまして、9年間お世話になった芸能界から卒業致します」と引退を発表した。

 12歳で芸能界入りし、アイドル、モデル、女優と幅広く活躍。昨年4月までは情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)のお天気キャスターも務めていた橋本だが、今回、突然の引退理由を「予てより保育士に興味を持ち、ちょうど3年前、資格を取得すべく学校に入学し、これまで勉強を続けてきました」と説明。今後は、「保育の現場に早く立つ為に、集中できる環境を作りたい」としている。

 しかし、ネット上では「謝罪しないまま逃げるのか」「無責任」「こんな人が保育者とか」「子どもたちに『人を傷つけたら、謝りましょう』って教えられるのかな?」といった声が……。

「本当の引退理由理由について、俳優・財木琢磨(25)との『ニャンニャン写真が流出したからでは?』と疑う声が相次いでいる。それでなくても、橋本は騒動以降、ネット上で袋叩きに遭っていますから、芸能界を辞めたくなるのも当然では?」(芸能記者)

 財木は、テレビドラマ『水戸黄門』(BS-TBS)の助さん役や、ゲーム『刀剣乱舞』や漫画『テニスの王子様』の2.5次元ミュージカルの出演などで知られる人気イケメン俳優。今月6日、ネット上に財木と橋本と見られる男女が、重なるように入浴したり、キスをしたりしている抱擁写真が多数流出。

 これが双方のファンの間で大騒ぎとなったため、財木は同日のうちに自身のTwitterで「この度は不愉快な思いをさせてしまった事 本当に申し訳ございません」などと謝罪。しかし、橋本は現在まで無言を貫いている。

「芸能人の対応としては、橋本のようにシラを切るほうが賢いようにも。実際、相手の女性を橋本と断定して報じるマスコミはなく、財木ばかりが悪者のように扱われています。とはいえ、財木は現在、何事もなかったかのようにSNSを更新し、俳優としての仕事もこなしている。結果的に、芸能界から消えてしまったのは橋本のほうとなりました」(同)

 また、写真流出から4日後には、財木のファンイベント『財木琢磨の恋人気分3』が予定通り行われたという。

「このイベントは、ファンと共に静岡県・伊東温泉に一泊するバスツアー。案の定、財木とファンがふたりきりで話せる特典『逆お部屋訪問ではふたりっきりの告白タイム(はぁと)』は、号泣し続けるファンがいたりと、なかなかの地獄絵図だったようです」(同)

 疑惑をうやむやにしたまま、芸能界を去ることとなった橋本。これで、彼女への執拗なバッシングは収まるだろうか?

最終更新:2018/02/28 16:00
こんな記事も読まれています

元アイドリング!!!・橋本楓が電撃引退! 財木琢磨ファンから批判「逃げるのか」「こんな人が保育者とか」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...
写真