日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 西川史子“病気説”は誤報?

西川史子の激やせに爆笑問題が言及! 「激やせで頬がこけて桂歌丸のような顔に……」に大笑い

TBS系『サンデー・ジャポン』番組サイトより

 3月11日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、西川史子の激やせした姿がネット上を騒然とさせた問題。ニュースメディア各所がさまざまな報道をして西川の容態などを推測しているが、ついにこの件について爆笑問題がラジオで触れた。

『サンデー・ジャポン』での西川は誰が見ても頬がこけた“激やせ状態”で、ネット上では「何かの病気なの?」「不安になるほど痩せている」「声に力もないし重病かもしれない」と心配の声が続出。実際西川はこれまでに16年の5月、12月、17年の8月に急性胃腸炎で入院した過去もあり、その間に激やせした姿を見せていた。

 しかし以前、激やせした時は番組内で触れられたこともあったため、今回のあからさまな激やせに誰も触れていなかったことが、心配をより強めることに。“触れてはいけない病気かも”と思われたようだ。

「3月14日放送のラジオ『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で、爆笑問題の太田光が沢田幸二アナウンサーのラジオ番組に言及。同ラジオでは毒舌でお馴染みの沢田に言わされる形で、若い女性が“激やせで頬がこけて骸骨のような顔になった西川史子が、なんと桂歌丸にそっくりになってしまった今日このごろ”としゃべったようなのです。太田はこれを大笑いしながら話し、田中裕二も『両方にダメ』『ホントにすごいなぁ』と呆れ笑いをしていました。西川の激やせを笑い話にできるということは、みんなが思っているほど深刻な問題ではないのかもしれません」(芸能ライター)

 西川は自分の体形の変化に疎いようで、自身が痩せていっていることに気づいていないだけの可能性もある。

「16年11月、自身の激やせニュースを見て西川は病院に行ったそうです。ネットで“がん説”をささやかれて心配になったらしいのですが、胃カメラまでやって何も問題がないと判明。西川はダイエット疑惑も否定し、単純に年を取って食が細くなったと痩せた理由を明かしていました。18年は再婚について前向きな発言をし、交際相手とデートしていることなど幸せな私生活を語っているため、何も心配はいらなそうですね」(同)

 次回の18日放送の『サンデー・ジャポン』で西川は激やせに触れるのだろうか。注目したい。

最終更新:2018/03/15 16:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed