日刊サイゾー トップ > 芸能  > 城島茂を育てた菊池梨紗はあげまん?

“女子力高めのアラフィフおじさん”TOKIO・城島茂を育てた彼女・菊池梨紗は“あげまん”だ!

「女の坂道」より

 「女性セブン」(小学館)で25歳年下のグラビアアイドル・菊池梨沙と復縁したと報じられたTOKIOの城島茂。

 2人は昨年6月に同誌にて、都内のしゃぶしゃぶ店や会員制バーでデートし、城島の自宅マンションにお泊まりする様子をスクープされ、熱愛が公に。その際ファンは、「アラフィフのリーダー(城島)にも春が来た!」と祝福する声を上げる一方で、一部からは「菊池の“売名行為”だ」と心無い声を上げる者が。

 それを知ってショックを受けた菊池は城島と距離を置くようになり、結局半年前に破局が報じられていた。

 しかし、2人は水面下で友人関係を続け、城島は菊池の相談に乗るなど、陰から応援していたそう。結果、菊池は「やっぱり、シゲルくんがいい」と実感し、もとのサヤにおさまった、と今回の報道で伝えられている。

 さらに、この事実を知って喜んだというTOKIOメンバーの反応も、同誌は掲載。ファンからも「元に戻ってよかった!」「今度こそ、おめでとう!」といった祝福の声が上がっている。

 周囲からもファンからも復縁を祝福され、幸せいっぱいの2人。記事を読むと城島が菊池を支えているように感じるが、「その逆もある」とジャニーズに詳しい芸能記者は、こう語る。

「2年ぐらい前から城島さんはテレビでたびたび“女子力の高さ”ぶりを披露するようになりました。『TOKIOカケル』(フジテレビ系)のある回で、ゲストの女優の中条あやみさんが『初めての給料で大好きなガレットを食べに渋谷にある有名店へ行った』というエピソードを話した際、城島さんがすかさず『あそこ、おいしいよね!』と反応。メンバーそっちのけでガレット談義に花を咲かせていました。普通、アラフィフの男性はガレットなんて興味ない。城島さんの女子力にびっくりしたファンの間では、『リサーチ力すごすぎ!』『撮られた彼女に教えてもらったのかな?』という声が上がっていましたね」

 たしかに、『PON!』(日本テレビ系)のインタビューでも、「下着のラインがズボンに響くからTバックを愛用している」と発言しており、長瀬智也からも「女子かよ!」とツッコまれていたことがあった。

 さらに、城島はこの“女子力”のおかげで、新しいファンを獲得しているようだ。

「『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)のおかげで老若男女から支持を受けている城島さんですが、“女子力の高さ”を見せたことで、若い女性層を獲得しているようです。ネットでは『女子力すごい!』『こういうおじさんいい!』という声をよく目にしますね。中条さんも先の番組内で『理想の家を建てて一緒に住むなら誰?』という質問に、『城島さん!』と答えていましたからね。菊池さんと出会ったことで、新境地を開拓したようですね」(同)

 記事では「菊池にプロポーズ済み」とも伝えられている城島。新境地を見いだしてくれた菊池と結婚となれば、老後も安泰かも!?

最終更新:2018/03/16 23:00
こんな記事も読まれています

“女子力高めのアラフィフおじさん”TOKIO・城島茂を育てた彼女・菊池梨紗は“あげまん”だ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真