日刊サイゾー トップ > 芸能  > 沖縄国際映画祭、詳細決まらず?

吉本の沖縄国際映画祭、1カ月前なのに詳細決まらず? 吉本関係者は「今年で終わりにしてくれ」と……

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーによる「第10回沖縄国際映画祭」が、4月19日から22日に沖縄県各所で行われる。開幕までおよそ1カ月と迫ったが、公式サイトを見ると、上映作品第1弾となる4作品が発表されているだけで、そのほかどんな催しが行われるのか、ほとんど情報がない状態だ(3月15日現在)。

「同映画祭は、毎年こんな感じですよ。直前になるまで、細かいイベント内容は決まらないことが多い。ただ、今回は記念すべき10回目にもかかわらず、目玉となるような作品もなく、盛り上がりに欠けるのも事実です」(お笑い業界関係者)

 この映画祭の開催時期には、毎年多くの吉本芸人が沖縄に行き、イベントや関連番組に出演する。吉本芸人の冠番組を沖縄で収録することも多い。

「吉本所属の若手芸人の多くは、毎年、同映画祭の時期は自動的にスケジュールが押えられている状態ですね。劇場出番やテレビの収録がある芸人は、そちらを優先しますが、それなりに知名度があってスケジュールが空いている芸人は、ほぼ沖縄に送られます。沖縄では結構タイトなスケジュールで仕事をさせられると、芸人たちも文句を言っていますよ」(放送作家)

 今年は開催10年目ということで、ひとつの節目になりそうだ。前出・お笑い業界関係者はこのように話す。

「同映画祭は、ほぼ吉本興業・大崎洋社長の独断で始まった企画です。沖縄にコネクションを持つ大崎社長には、沖縄の経済を盛り上げたいという気持ちがあり、当初から“最低でも10年間は映画祭を続ける”と話していたとか。とはいえ、吉本社内では、映画祭はあまりにも経費がかかるし、運営も大変だということで、“今年で終わりにしてくれ”との声が多かった。そういった事情もあり、10回目となる今年で“いったんリセットする”という空気が漂っているそうです」

 しかし、大崎社長的には、まだまだ沖縄でやるべきことがあるとの思いが強い。

「吉本は『沖縄ラフ&ピース専門学校』を開校し、4月から1期生が学び始めます。将来的にはここの卒業生を中心に、沖縄にエンタメの拠点を作りたいと大崎社長は考えている。いずれにしろ、沖縄でエンタメを盛り上げたいという目的は変わらないので、同映画祭も、まだまだ続いていく可能性はあると思います」(同)

 例年であれば、映画祭の開催中に翌年の「開催決定」を発表しているが、果たして今年はどうなるのか?

最終更新:2019/03/14 12:51
こんな記事も読まれています

吉本の沖縄国際映画祭、1カ月前なのに詳細決まらず? 吉本関係者は「今年で終わりにしてくれ」と……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

「面白い!」「完全に騙された!」「感動した!」と映画ファンの間で噂を呼んでいるのが、...
写真