日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂口杏里“ハード路線”に耐えられる?

坂口杏里は「ハード路線」に耐えられるのか? “AV復帰説”を追う──

インスタグラムより

 元タレントでAV女優の坂口杏里が「活動再開か?」と話題になっている。坂口はタレント活動を経て、2016年にANRI名義でAVデビューを果たしたが、翌17年9月に「普通の女の子に戻りたい」「未練はありません」とAV、タレント業の引退を表明していた。その後は、一部報道では複数のキャバクラ勤務が伝えられていたが、3月6日深夜に「DMM.ライブチャット」に出演した。

 坂口は公式Instagramに自身のメールアドレスを載せて仕事を募っているため、マネジャーは付いていないようだ。今後の活動は未定のようだが、なんらかの動きがあると見られる。もっとも可能性が高いのはAV復帰だが、そこには高いハードルが待ち構えている。

「引退を表明したAV女優の早期カムバックは、最近では珍しいことではありません。しかし、業界の慣例としては、復帰後はよりハードな作品に出ざるを得ません。生中出しや、SMものなどにチャレンジする必要があるでしょう。さらに、坂口杏里のAVは『貧乳』『尻が汚い』といった非難が殺到したこともあり、元芸能人としての“特別感”は、もはや通用しないといえます」(業界関係者)

 AVの需要がないとなれば、タレント活動への復帰はどうだろうか。一時期はビートたけしが救済に手を上げたとも報じられた。小向美奈子や山本モナなどを引き取っていたたけしだけに、“お騒がせタレント”枠での復帰は可能だろうか?

「ビートたけしは事務所の独立騒動で、坂口にかまっているヒマはないでしょう。最近のテレビではやりの“ぶっちゃけタレント”を目指そうにも、口説かれたタレントや、枕営業の実態といった、より過激な話が求められます。何より坂口はホスト通いで大借金を抱えて、AVに転身せざるを得ない背景がありました。一度、各方面に不義理をやらかし信用を失っているだけに、芸能界でコンスタントに仕事を得ていくには、かなり難しい立ち位置であるといえるでしょう」(同)

 いずれにせよ業界に戻ったところで、必ずしも安泰というわけではなさそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/03/18 21:00

坂口杏里は「ハード路線」に耐えられるのか? “AV復帰説”を追う──のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真