日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > “脱アイドル”に舵を切る芸能事務所

沖縄ロコドル「Chuning Candy」はアーティスト路線? リスク回避で“脱アイドル”に舵を切る芸能事務所

Chuning Candy 公式サイトより

 アイドルブームが一段落した今、どうやらエンタメ業界は“脱アイドル”に舵を切りつつあるようだ──。

 3月21日、沖縄出身の7人組ガールズユニット・Chuning Candyが、シングル「Dance with me」(ポニーキャニオン)でメジャデビューを果たした。もともとは沖縄で活動するローカルアイドルだったChuning Candyだが、今回のデビューにあたっては「アイドル」という言葉をほとんど使っていないという。アイドルに詳しい週刊誌記者が明かす。

「Chuning Candyは、ローカルアイドルが出場する全国大会『愛踊祭2017』への出場をきっかけにデビューを勝ち取ったのですが、現在のくくりは“アイドルグループ”ではなく“ダンスボーカルユニット”となっています。完全にアーティスト路線で、“アイドルではない”という方向性で売っていくようですね」

 Chuning Candyが所属するのは、プロダクション尾木。高橋みなみ、小嶋陽菜、峯岸みなみ、渡辺麻友、市川美織ら、AKB48グループの人気メンバーたちが所属している老舗芸能事務所だ。

「尾木プロはAKB48の主要メンバーが所属する事務所として、グループ内でも、かなり重要な存在でした。しかし、高橋や小嶋、そして渡辺が卒業、さらに、NMB48の市川の卒業も決定し、現役のAKB48のメンバーは峯岸だけになります。事務所としても、アイドル事業にちょっとした区切りがついた時期ということで、Chuning Candyは別の方向性で売っていこうということになったのでしょうね」(同)

 少し前なら“女性音楽グループといえばアイドル”といった印象だったが、最近ではボーカル主体のLittle Glee Monsterや、「楽器を持たないパンクバンド」を自称するBiSHなど、極力アイドルっぽさを排除するグループがブレークしている現状がある。

「アイドルと自称してしまうと、恋愛禁止になるなど、メンバーたちの生活においていろいろな制約が出てきてしまう。アーティストにしておけば、多少は緩くなるので、事務所としてもタレントの管理がラクになるんですよ。リスク回避という意味でも、脱アイドルは芸能事務所にとってはありがたいんです」(芸能事務所関係者)

 芸能事務所における“脱アイドル”の流れは加速しそうだ。

最終更新:2018/03/26 06:00

沖縄ロコドル「Chuning Candy」はアーティスト路線? リスク回避で“脱アイドル”に舵を切る芸能事務所のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

志村けんと噂になった女性たち

 先日、阪神・淡路大震災から26年目を迎えた...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真