日刊サイゾー トップ > 芸能  > 絵画ペロペロで岡副麻希がまた炎上

“歩く放送事故”岡副麻希が『芸能人格付けチェック』で絵画をペロペロ「下品すぎるでしょ……」

セントフォース オフィシャルサイトより

 3月27日放送の『芸能人格付けチェック BASIC ~春の3時間スペシャル~』(テレビ朝日系)に、フリーアナウンサーの岡副麻希が登場。「チームお天気お姉さん」の一員として格付けチェックに挑んだのだが、視聴者からは「我が強すぎる」「品がない」など批判が殺到している。

「チームお天気お姉さん」のメンバーは、岡副の先輩にあたる小野彩香と森山るり、そして後輩の田中瞳を含めた4名。対するチームは松原智恵子と泉ピン子の「チーム大女優」や、市川猿之助と尾上右近を擁する「チーム歌舞伎」など、いずれも“一流”と呼ぶにふさわしい芸能人ばかりだ。今回出演者たちは「家庭料理」「絵画」「コーラス」などを比較し、自身の五感を頼りに一流品を探していったのだが……。

「視聴者は番組の途中から、芸能人の格付けよりも岡副の行動の方に目がいってしまったようです。例えば『家庭料理』のチェックでは3種類の料理を食べ比べて、一流の和食料理人が作った料理を回答。しかし一人だけ正解の“B”を選んでいた田中に、岡副は『絶対Bは違う!』と断言しました。結果岡副が選択した“A”と回答することになり不正解に。また『コーラス』の問題でも岡副は自分の意見を押し通して外しています。正答率が悪いのに、なぜか自分の意見を譲らない岡副に、視聴者からは『意見ゴリ押しが不快すぎて番組が楽しめない』『後輩の意見を軽視する人なんだな』『田中アナが可哀そう』といった声が上がっていました」(芸能ライター)

 さらに岡副は、“シャガールの絵”とお菓子職人が作った“お菓子の絵”を比べる問題で、正解が発表された後にお菓子の絵を舐めてしまう。本人は「甘いです!」とコメントしてスタジオを笑わせていたが、視聴者からは「下品すぎるでしょ……」「お菓子と言えど絵を舐めたり、チームの意見を聞かなかったり色々とヤバいな」「これは放送事故レベル」といった声が相次いだ。

「岡副は以前から“放送事故”的な言動で物議を醸してきました。昨年5月に放送された『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、映像が切り替わる直前に一瞬岡副が映り『居眠りしてる?』と話題に。また同番組では他にも北北西(ほくほくせい)を『きたきたにし』と語り、『方角の読み方もわからないのか……』『アナウンサーとしてこれはどうなの?』と批判されています」

 ちょくちょく小さなことで炎上してしまう岡副だが、中には「何をやらかすのか気になってついつい見ちゃう!」という変わったファンも。次はどのような放送事故で番組に爪痕を残してくれるのか注目していきたい。

最終更新:2018/03/28 19:00
こんな記事も読まれています

“歩く放送事故”岡副麻希が『芸能人格付けチェック』で絵画をペロペロ「下品すぎるでしょ……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

【試し読みあり】失恋×グルメガイド

 3月に刊行されたコミック『失恋めし 京都・奈良・大阪・神戸編』(KADOKAWA)...
写真