日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『ポンキッキ』での安室の“黒歴史”

45年の歴史に終止符を打った『ポンキッキ』触れられなかった“黒歴史”「安室奈美恵は……?」

「一寸桃金太郎」(ポニーキャニオン)

 子ども向け教育番組として知られる『ポンキッキ』シリーズが45年の歴史に終止符を打った。3月25日に『beポンキッキーズ』(BSフジ)が最終回となり、1973年から続いてきた番組が終了した。

 最終回には現在のMCである春風亭昇々、藤原さくらのほか、番組が生んだ名物キャラクターのガチャピンとムック、Pちゃんなどが駆けつけた。歴代の名シーンも流れたが、触れられなかった黒歴史も存在する。

「安室奈美恵ですね。今年の秋に芸能界引退を表明している彼女は、一時期『ポンキッキーズ』に出演していました。鈴木蘭々とウサギの格好をしてシスターラビッツとして活躍しています。しかし、安室はその後、小室哲哉プロデュースでソロデビューを果たすと、またたく間にスターダムに駆け上がり、ひっそりと番組を卒業。その後、この時期の活動については一切触れられていません」(芸能ライター)

『beポンキッキーズ』の最終回には、シスターラビッツもかけつけたが、これは2017年に結成された平塚日菜と浅野杏奈からなる新・シスターラビッツである。

「『ひらけ! ポンキッキ』は1973年に放送が始まり、93年にそれまでの幼児向け番組から小中学生まで視聴者層を広げた『ポンキッキーズ』にリニューアルしています。そこでは、安室や蘭々のほかスチャダラパーのBOSEや、電気グルーヴのピエール瀧、伊武雅刀などが出演し、サブカルチャー風味が強い番組となっていました。特に瀧は『子ども嫌いなのに“ポンキッキ”に出てる』とネタにされていましたね。この時期はいわば迷走期にあたるといえるでしょうね」(同)

 番組の長い歴史の中には黒歴史が存在するのは確かだろう。ある世代にとっては良き思い出となっている安室&蘭々のシスターラビッツは、永遠に日の目を見ることはなさそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/04/01 06:00

45年の歴史に終止符を打った『ポンキッキ』触れられなかった“黒歴史”「安室奈美恵は……?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真