日刊サイゾー トップ > 芸能  > ブラホックは両手で外す手越祐也

手越祐也、本気のブラホック外しを披露! 慣れた手つきに「見ててしんどい」と悲しみの声

NEWS・手越祐也

 4月1日放送の『DASHでイッテQ! 行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦 2018春』(日本テレビ系)に、NEWSの手越祐也が出演。番組の企画で“ブラホック外し”に挑戦したのだが、ファンは「ジャニーズアイドルのこんな姿は見たくなかった……」と複雑だったようだ。

 今回番組では、様々な芸能人が参加する「ブラホック外し選手権」を実施。ディフェンディングチャンピオン・有田哲平を倒すため、熱いバトルが繰り広げられた。しかし同企画にはジャニーズアイドルの手越も参加。司会の上田晋也に「ジャニーズの中で君だけだからな、これエントリーしてるの!」と突っ込まれていたが、手越は「“ブラホック”って見た瞬間に『ヨシ! 来たな』と思いました」と自信をうかがわせている。

 結果的に手越は、1分間で26枚のホックを外すことに成功。35枚を外したチャンピオン・有田には及ばなかったものの、ファンからは「真面目な顔でブラホックを外す手越くんが素敵!」「手慣れてる感じがしてニヤニヤしてしまう」「手越祐也にブラホックを外されたい」といった声が相次いだ。

「一方でファンの中には、『アイドルなのにこんな企画やってるのは見ててしんどい』『明らかに外し慣れてるのがファンとしては複雑』とモヤモヤする人も少なくないようです。最近は“芸人枠”とも言われてしまう手越ですが、やはりまだまだ“アイドル”として見ている人もいる模様。以前、週刊誌に女性と写っている“ベッド写真”を報じられた時も、それなりにショックを受けるファンの声が上がっていました」(芸能ライター)

 ちなみに「ブラホック外し選手権」のレギュレーションは、両手ではなく“片手”で外すというもの。これを受けて手越は、「片手で外すってしたことない」「いつも両手です」と明かした。なぜかプライベートでのホックの外し方が披露され、ファンからは「丁寧で可愛いと思う」「そんな情報知りたくなかった……」と賛否の声が上がっている。

「最近ではジャニーズアイドルの“芸人化”が指摘されることも多くなってきました。例えば筆頭として挙げられるのは、TOKIOの城島茂。2016年の『シューイチ』(日本テレビ系)では、松岡昌宏が『ジャニーズ事務所はリーダー(城島)に関してはなんでもOK』と打ち明けています。そんな城島に対して手越は『芸人みたい』とコメントしていましたが、今や自身が芸人枠。ひと昔前までは“王子様キャラ”として人気を博していたはずなのですが……」(同)

 今回の『日テレ系人気番組NO.1決定戦』では、手越以外のジャニーズアイドルも身体を張っていた。最近のアイドルは格好いいだけでは生き残れないのかもしれない。

最終更新:2018/04/02 19:30

手越祐也、本気のブラホック外しを披露! 慣れた手つきに「見ててしんどい」と悲しみの声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真