日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『ドクターX』映画化に米倉は……

『ドクターX』映画化報道も、主演・米倉涼子は“イヤイヤ病”発症中! 内田有紀でスピンオフも……?

米倉涼子

 テレビ朝日は“失敗しない”で、あの女優を口説けるのか?

 米倉涼子主演の高視聴率ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の映画化の話が進行していると、4月5日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。

「昨年放送されたシーズン5は、最終回で25.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を叩き出すなど、いまだ人気は衰え知らず。ラストシーンでは、米倉演じる大門が、キューバにいるところで幕を閉じていますが、記事によればそのキューバを舞台にした映画化の話が持ち上がっているとのこと。テレ朝としてはそこで弾みをつけ、日本に帰国したところからシーズン6が始まるストーリーを描いているようです」(テレビ誌記者)

 しかし、どうも肝心の米倉がこの話に乗り気でないのだという。いったいどういうことか。

「今回ばかりは米倉の“イヤイヤ病”が深刻なようです。体重管理も100グラム単位で行うなど、米倉の完璧主義は業界では有名な話。そのため、大仕事のあとは、かなりの充電を必要とします。また、一つの役のイメージが付くことも極度に嫌うため、続編への出演にこぎつけるのは、毎年テレ朝の最重要任務となっている。今回もプライベートを含めて彼女の世話係を務める“チーム米倉”を用意したり、次期『相棒』(同)に武井咲をバーター出演させる準備までしていますが、いつも以上に米倉がぐずっているのだとか」(テレビ関係者)

 映画化の雲行きは怪しいようだが、そこで浮上しているのが“プランB”だという。業界関係者が明かす。

「内田有紀演じる麻酔科医・城之内博美のスピンオフ作品を作ったらどうか? という声もあるようです。ドラマでは麻酔科医しかできないように描かれていましたが、現実には外科もできる麻酔科医は多い。小泉今日子の独立で空いた事務所の穴を内田が埋めている状況なのに加え、過去には勝村政信主演のスピンオフも製作されていますから、十分ありえそうな話です」

 すべては米倉のご機嫌しだい!?

最終更新:2018/04/06 21:00

『ドクターX』映画化報道も、主演・米倉涼子は“イヤイヤ病”発症中! 内田有紀でスピンオフも……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真