日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 乃木坂・能條、クビより厳しい今後

ドライブデート「文春砲直撃」の乃木坂46メンバー、クビより厳しい“生殺し”の今後

乃木坂46 公式サイトより

 4月15日に放送されたインターネット番組『直撃! 週刊文春ライブ』で、乃木坂46・能條愛未の「デート&お泊まり」が報じられた。アイドルに恋愛はご法度だが、能條にはどんな未来が待っているのか? アイドル情報に詳しい、テレビ情報誌記者が語る。

「能條は乃木坂に加入する前から芸能活動をしていて、乃木坂の1期生オーディションに合格。全体的におとなしい子が多い乃木坂の中では、数少ない“バラエティ班”的なメンバーで、冠番組でもイジられることが多く、存在感は抜群です。ただし、これまでシングルの選抜メンバーには2回しか選ばれたことがなく、握手会の完売状況を見ても、人気はグループ内で最下位クラスです」

 通常アイドルの熱愛報道が出れば、ファンからは怒りと絶望の声が上がるものだが、今回の場合、ネットには「能條なら別にいいや」「能條かw笑えたwどうでもいいやwww」「キャラ的に特に問題なし」といった声も続出している。しかしファンが怒っていないからといって、明るい未来が待っているわけではないようだ。

「乃木坂では、2017年に川村真洋(今年3月いっぱいでグループを卒業)もお泊まり写真を撮られました。当時、ファンは運営側がどういった処分を下すか興味津々でしたが、オフィシャルな形での処分はありませんでした。しかし、その後の川村に待っていたのは、ある意味でクビよりも厳しい処置。川村は能條と同じく、選抜には2回しか選ばれたことがない“微妙な”メンバーでしたが、写真を撮られた後は冠番組に出演することはほぼなくなり、卒業する時もほんのわずかにさらっと触れられただけでした。確かに、能條のキャラはグループ的に貴重ですが、水着になることがニュースになるほど清楚路線を貫く乃木坂では、お泊まり写真をネタにするのは無理でしょう。唯一、そのネタにツッコめるとすれば、バラエティへの出演も多い生駒里奈ですが、彼女も卒業してしまいますしね。数年前に“路チュー写真”を撮られた松村沙友理は、グループでも屈指の人気メンバーだったので、時間をかけてなんとか中心メンバーに戻りましたが、能條は、干された挙げ句に卒業した川村のコースをたどることになるんじゃないでしょうか」(同)

 禁断の恋愛の現場を押さえられた代償は、大きなものになりそうだ。

最終更新:2018/04/18 12:00
こんな記事も読まれています

ドライブデート「文春砲直撃」の乃木坂46メンバー、クビより厳しい“生殺し”の今後のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真